回答(13件)

1

オンライン対戦が普通にできるようになったからでしょう。 昔はひとりの時間があったのでプラモデルという選択もありましたが、今はひとりの時間なんてあってないような環境です。

1人がナイス!しています

0

私が子供の時は野球少年もインドア少年も、多くが部屋の中での遊びは漫画読むか、プラモデルを作っていました。 TVゲーム無き時代は一人でできるゲームはパチンコやピンボールくらいしか無く、すぐに飽きますので。 ですが、今はTVゲームとかの娯楽がありますので、そちらに部屋での遊びは移行しましたね。 私の息子達は全くプラモデルには全く興味を示さず。それにスケールモデルも興味なさそうです。 昔は子供向けの低価格なスケールモデルもありましたが、今はそんな製品も無く、スケールモデルに興味あるのは大人ばかり。 子供達は面倒な模型作りの行為は衰退したかと思います。 プラモデルメーカーはそのあたりに危機感があると思います。 あえて言えばガンプラの世界は一応ありますよね。

0

本格的に作るとなると、道具や塗料も揃えなくてはいけないし、お金や時間もかかる。他にもたくさん娯楽がある中でわざわざ手間のかかる趣味選ぶ子供は少ないと思います。ただしガンプラは接着、塗装不要で簡単に作れるので例外です。

1

作ることは作りますけどまあ、比率は減ってますね。 理由はプラモデル自体が「マニアックな金のかかる趣味」になったこと。 他にも子供が気軽に遊べる遊びが増えたこと、 学習塾やら習い事に行かされて、子供たちが忙しいこと。 プラモデルを作りたくなるような映像コンテンツ(やっぱり子供が模型を作りたくなる動機としては一番大きい)がないこと なんかが理由ですかね。特にプラモデルが高額化しているのは大きいでしょう。下手なゲームソフトぐらいの値段してません?くっそ高いですよね。

1人がナイス!しています

0

デジタル時代ですから。 アナログは置いてけぼりですね。