回答受付が終了しました

勇気をください。 というか、応援してほしいです……。 私は高校2年生の女です。事の経緯(あらすじ?)を書かせていただきます。長いです。

補足

すみません、書き忘れていました。 中学生のとき剣道部で、2段とっています。

将来の夢 | 生き方、人生相談205閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

回答(8件)

0

最終的にはあなたは成人なのですから決めるのはあなただと思いますけどね。 まぁ警察かどうかに関わらず命であったり経済的にであったり貞操であったりプライベートであったり何かしらリスキーな仕事は親は子が大事ですからさせたくはないでしょうね。それはこれまで事件で我が子を失った親たちの沈痛な顔、泣き叫ぶ顔、やるせない顔、犯人に殺された我が子の復讐をしたそうな顔、法廷で犯人の顔を見て錯乱した顔、人生が終わったかのように我が子のいない何十年を過ごしている沈んだ顔などを見てみればわかると思います。 まず反対でしょう。 しかし婦警さんが存在していることもたしかです。 親の反対を覆すには明日からにでも早起きして体力作りを始めたり警察になる為の知識を集めたりあなたの本気と努力を見せること、それから時間をかけても粘り強く説得していくことじゃないですかね? とりあえずこの世に一生をそれに捧げて生きていきたいと思える運命的な仕事に出会える人がどれだけいるでしょう。 (まだ人生終わってないのでわかりませんが中年になるまで生きてきたなかでは)私は出会えませんでした。 ですから凄いことだと思います。 凄い尊いことだと思います。 この先心変わりもあるかもしれないがそれはその時考えればいいだけなのでいまはそうそうあることではないその気持ちを大事にした方がよいと思う。 ということで 「私は本当にやりたいと思える仕事に出会った。」っていうあたりを突破口にとにかくあなたの熱意で何度もことあるごとに口説く。根負けしないで説得する。そういう地道な努力しかないのでは? そしてその説得を受け入れてもらいあなたの主張を認めさせるにはやはり目に見える説得力が必要なのでじゃあ警察になるために何をしてるの?となったときに説き伏せられるだけの努力と穴塞ぎをしておかないとならないと思います。具体的な策としてはまず1度親に真剣な気持ちを伝えてみる。 それで親の真剣な意見や説得、反対の理由を聞きその場では素直に聞きながらも「でもどうしてもやりたい」という意思だけは伝え、おそらくそれで物別れに終わるでしょうがその後も友達や先生に親の立場で反対する理由をたくさん言ってもらいそれをひとつずつ論破、潰すことがスラスラと出来るようにしていく。もちろん論破とは口で言うだけなのでそれを裏付ける為の体力作りや成績をあげたり情報を集めたりという作業をしていることありきの話ですがそういったものをしながらちょくちょくことあるごとに親に「警察官になりたい」と何度も何度も粘り強くなりたい意思とそのための努力もアピールしていく。 それしかないのではないかと思います。 といってもまぁ親にもできることとと家庭崩壊を招いてまではできない無理なこともあるのでどうしても経済的に無理ということならまずはキチンと自立して生計を立て回り道にはなりますが夢を叶えるという方法もあります。私の叔父も昔、家が貧乏で夢に向かうことができませんでしたが努力して一度違う仕事で自立して30歳になってから仕事を辞め、(その世界では遅すぎると言われる年齢でしたが)どうしても諦められなかった子供の頃からの夢に飛び込み夢を叶えました。1度違う仕事をした方がより叶えたい気持ちが本当かどうかもわかるからいいということもありますしその頃にはあなたも社会に出ていろいろ見ていろいろ経験して世の中のことをある程度わかっているはずですから親も子が危険にさらされるのはやはり心配なので反対はすると思いますがあなたがどうしてもそうしたいといえばそれを尊重していまほどは反対はしないと思います。選択肢はひとつではないと思います。

追伸。大事なことを書き忘れました。 >>最終的にはあなたは成人なのですから決めるのはあなただと思いますけどね。 といいましたがあなたの親がどういう人なのか人となりを私は知りませんのでいまごり押しするなら勘当され家を出されたり親子関係が険悪になり最悪になるリスクがある覚悟も必要です。 ですから責任は持ちません。 あなたは18、すなわち大人ですから自分の人生の責任は自分でもってください。 それだけ親からしてもあなたの持ってくる話には親も負うリスクがあるのです。 あなたもリスクを負ってこそ五分五分の土俵で話し合えるというものです。

0

ズートピアみたいなアニメを作るアニメーターになれば良いんじゃないですか……。 高校まで剣道や柔道などをせずに警察官って無謀すぎます。 今から始めても指折って絵が描けなくなりそう。

0

私は親があまり良しとしないことであっても、しっかりと自身に考えがあって決めた夢であれば親も賛成してくれるのではと思います。 もちろん最初はご両親も心配があるので、反対されたり、文句言われたりあると思いますが、本気で考えてることと分かれば認めてくださると思いますよ。 親のことを気にして、警察になりたい自分に嘘ついて生きるのもしんどい気がします。 夢を貫き通すのは大変だと思いますが、頑張ってください!

0

警察になるにせよ、イラストレーターになるにせよ、社会人になるにせよ、大学は行っておいた方が良いですし何なら簿記とパソコン業務は覚えておいた方が良いでしょう。 警察もイラストレーターも普通の会社も本質的には変わりません。 同じスキルを持ってるなら学歴が高い人が優位になるし、同じようなレベルの学歴の人が並んでるならよりその職場に役に立ちそうな人を入れます。 仮にイラストレーターの専門学校に行ったとしましょう。 で、ダメだったらどうするのでしょうか? 質問者さんは高卒でお金を払って専門学校に行きお金と時間を無駄にしました、という事実しか残りません。 大学に行ったとしたらどうなるでしょうか? 大学へ行きました、というこの先の人生どこの職場でも使えるカードが手に入りますし、大学時代に簿記やプログラミングなどを学べばイラストレーターでも一般の会社でも警察でも優位になります。 どこの職場も表面から見える業務の裏でお金の出入りを管理したりプログラミングを弄ったり宣伝の為の広告を描いたりする人達がいます。 正面からぶつかるのも大切ですが見方を変えるのも大切です。 色んなものに影響されやすい時期でもありますので、まずは今後選択肢が多くなりそうな方面に進む方が良いと思いますよ。