回答受付が終了しました

上島竜兵さんが悩んでいたことってなんだと思いますか?ダチョウ倶楽部のメンバーに相談できないことってなんだろうなぁってふと思いました。

1人が共感しています

回答(7件)

5

有吉と土田が竜ちゃんを自殺に追い込んだような気がしてならない。 この2人の「上島イジリ」は 限度超えてて笑えないレベルだった。 葬式ごっこスペシャルや、 有吉「志村さんが呼んでるんじゃない?」 土田「上島は金づる」 笑いのネタやイジリを言い訳にした 単なるイジメにしか思えない。 誰だって顔では笑ってても、 内心では傷付いてるに決まってる。 ソース 有吉弘行の “イジり” にダチョウ上島激高「志村さんが呼んでんじゃない?」「寂しいよって」 https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3903842/ 2022年01月02日 21時56分 ダチョウ倶楽部・上島竜兵が2日放送のJFN系ラジオ「SUNDAY NIGHT DREAMER」に出演。メーンパーソナリティーの有吉弘行から新年早々〝大イジり〟を受けた。 「志村(けん)さんがなくなってもう1年半になりますけども…」と神妙な口ぶりで話し出した有吉は、「もう呼んでんじゃないですか? 志村さん、寂しくて。『竜ちゃん寂しいよ』っておっしゃってるんじゃないですかね、天国で」とぽつり。 上島は「いや、俺の前に(千鳥)大悟を呼ぶでしょう」と〝大人の対応〟を見せたが、有吉は「でも、大悟はまだ若いからね。志村さんが『大悟、ちょっとこっち来いよ』とは言わないでしょ」「志村さん絶対天国から『大悟もっと頑張れよ』『竜ちゃんそろそろ寂しいよ』って(言ってる)」となぜか執拗に食い下がった。 すると上島は「俺、はっきり言うよ。嫌だよ! 嫌だ嫌だそんなの。もし死んだとしても呼ばれて死にたくないね。俺は尊敬はしてるけど嫌だよ!」と激高。有吉は「思い当たるフシがあるような嫌がり方してる」と大爆笑していた。

5人がナイス!しています

1

「一生懸命やっているのに頑張る方向が違って失敗する人」というのを目指していた人のように思います。世の中のそういう人への応援につながってくれたらという気持ちで演技していたように見えます。 ですが、最近のバラエティでは「単なるアホなおじさん」というイメージで演出がなされるために、それで自分が目指している方向性と違うと悩んでいたのではないでしょうか。 それと、意外と神経がナイーブな方で、観客から「あ、また同じことやってる。もう飽きたわ」という目で見られていないかとずっと気にしながらやっていて、それがストレスになっていたのかもしれません。 単独での出演では前者、ダチョウ倶楽部での出演では後者のストレスで、逃げ場がないと感じてしまったのだと思います。 ご冥福を祈りたいと思います。

1人がナイス!しています

1

想像ですが 認知症ではないでしょうか?

1人がナイス!しています

3

体を張った芸風、バカにされたり叩かれたりする芸風が現代に合わなくなっているのも一つの原因かなと思います。こういうので居場所を失っていく芸人はこれからも出て来ると思います。

3人がナイス!しています