回答受付が終了しました

中学受験 理科の勉強を子供と一緒にしています。 消化と吸収のところで、

補足

腸液のマルターゼ・エレプシン・リパーゼなどが、それぞれの消化の仕上げをします。 と書かれています。

生物、動物、植物 | 中学受験336閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

回答(4件)

0

>腸液のマルターゼ・エレプシン・リパーゼなどが、それぞれの消化の仕上げをします。 現在では腸液にはマルターゼなどの炭水化物の分解酵素はないということになっています。小腸で炭水化物を分解する酵素は腸液にあるのではなく、小腸の上皮細胞にあるということです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%85%B8%E6%B6%B2

0

腸液の中には脂肪を分解するリパーゼは少量しか含まれていないので正確にはどちらとも言えませんが、一般的には脂肪は小腸の消化酵素では分解されないと考えるほうが多いです。 中学では、脂肪を分解するのはすい液だけと習います。子供の教材でもごくたまに腸液にリパーゼが少量含まれていることに触れているものもありますので、それをご覧になったのでしょう。 基本的には、すい液はすべての栄養素に対してはたらき、腸液はデンプンとタンパク質の分解に対してだけはたらくとされています。

0

すい臓で作られたすい液や胆汁が 消化管に供給される場所は小腸ではなく 十二指腸とされています。 なので小腸で脂肪が分解されない。 とされているのです。 脂肪は十二指腸で乳化、分解され、 小腸で吸収されます。

すい臓でつくられた消化酵素が十二指腸にだされるとのことで、十二指腸も小腸に含まれるからかなとおもったのですが、腸液が脂肪の分解もすると書かれているものもあるのでどうしてかな、どう子供に説明しようかなと思っています。