ワゴンR のダイナモのダイナモについてでございます。 平成23年式、ワゴンR、ターボ無し の車両なのですが、

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ありがとうございます。走行は5万6千km程なのですが、水没しかかった事もあり(ダイナモの位置が下側なので、水を被った様です。)ベアリングだと、同様に考えました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

お詳しく、教えて頂き助かりました。他の方々も同様に感謝致します。ありがとうございました。

お礼日時:5/22 0:14

その他の回答(3件)

1

夏場もエアコン、冬場もエアコンでヒーターをつけている場合は、エアコンコンプレッサーのオイル漏れじゃないですか。オイルでベルトが濡れ音がする、エアコンリレーがおかしい、エアコンコンプレッサーのプーリーのベアリングの減り等があります。だいたいコンプレッサーの低圧のゴムパッキン、高圧のゴムパッキンが年数と使用によりヘタリやすいですよね。エアコンコンプレッサーのプーリーのベアリングの減りだったらシム抜きで治る場合がありますが、短命になりますしコンプレッサーのオイルがないと焼き付きかけてベルト鳴きから、ギャギャギャって音が鳴ってきますよ。私も98000㌔のワゴンR22年式ですが、コンプレッサーのシム抜きして音が鳴ってきましたから、自分で中古コンプレッサー交換して、エアコンオイル、ガス入れ、真空引きして治りましたよ。 コンプレッサーのプーリーのベアリングは減りやすいです。ダイナモは13万㌔走行以上じゃないと、なかなか潰れないけどね。

1人がナイス!しています

1

点灯しっぱなしでしょうか? 可能ならエンジンを掛けてバッテリーの電圧を測りましょう。 確実に点灯させる方法はベルトが切れる事なので、ベルト駆動がされていて点灯となると電気系統になるので電圧を測って見ましょう。14Vくらい出て無いとオルタネータ(ダイナモ)を疑います。 て言うか、水温計上りませんか?ベルトが切れている様に思うのですが。。

1人がナイス!しています