何故日本酒は温かい酒もあるのにビールやウィスキー、ワインは冷たいのだけなんですか?

お酒、ドリンク | 一般教養171閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

その他の回答(8件)

0

ウィスキーやワインにホットがあることはすでに答えが出ています。 ビールを冷やして飲んでいるのは昔は日本とアメリカだけでした。 ヨーロッパに行くとビールは常温が常識です。 中国もヨーロッパ式ですから、以前は常温(生ぬるい)ビールでしたが、日本人が冷えたのを求めるので、冷たいビールも出るようになりました。

1

ビールはホットは有りませんが、ウィスキー、ワインは有りますよ、 ウィスキー ホットウイスキー、冬はお湯割りで、 私は昔、冬は丁子を入れてホットで飲んでいました。 ワイン 冬ですが、ドイツではホットで飲まれています、 ホット用ワインとしてグリューワインが有ります、 普通のワインに香草等で味付けされたワインです、 日本でも冬になると、輸入されていますが、ドイツ程人気は有りません、 ドイツ程、寒くないのと、テラスで飲む習慣がないからです。 参考に 赤ワインが美味しく飲めるのは室温です、但し日本と、 フランス等とは室温が違います、フランス等は18℃程です。

1人がナイス!しています

1

ドイツの居酒屋で 100杯ビールが売れたら 50杯はホットビールですし ホットウイスキーも 海外でも日本でもよく飲まれています。 フランスでは風邪の時は ホットワインを飲みますし どこの国でも 温かいお酒は昔から飲まれていますよ。。。(^_-)-☆

1人がナイス!しています