ID非公開

2022/5/14 13:37

66回答

シャーロック・ホームズの本業は何ですか?

小説 | 読書285閲覧

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(5件)

1

「なにしろ僕は世界でたった一人この職業に従っている人間なんだからね。 世界唯一の民間諮問探偵さ。探偵事件の最高にして最後の受理者は僕なのさ」 シャーロック・ホームズ(「四つの署名」より)

1人がナイス!しています

1

ホームズに職業はありません、どうやって暮らしをたてているのか不明です、 作者のドイルが謎解きに熱心なあまりそこまで考えなかったのでしょうか [四つの署名」では浮浪少年に小遣いを与えて探索させますが取り戻した宝石箱はカラでした、ホームズに報酬を払ってくれる人は誰もいません 「赤毛連盟」でも依頼に来た質屋のオヤジに手数料を請求していません、探索の結果成功したら銀行が破産してしまうような大犯罪を見破るのですがそれで銀行に報酬を要求せず、知り合いのレストレード警部に教えただけでした、 ホームズは好奇心を満足させるために謎を解いてるので、カネになるなんて夢にも考えなかったのでしょう

1人がナイス!しています

3

山崎氏の「アマチュアだから」のつぶやき、私なりに真意を推測しますと、 困難な事件は受けなくていいから――なのかもしれません。公共警察の捜査官だったら犯罪と思われる事態には、「これは難しい、迷宮入りするかも」と感じても投げ出すわけにはいきません。 たとえを使いますと、ヤフー知恵袋の回答者もすべての質問に答える義務はありません。たとえ指名されても。ベストアンサー率の高い名回答者になろうと思ったら、自信のある回答だけ取り組んでいればいいわけです。 作中のホームズはむしろ、プロ警察が持て余し相談に来るような事件を好んで引き受けています。本人は警察にアドバイスするやり方を「コンサルタント、諮問探偵」と称しています。楽に「ナイス!」が取れそうな案件は「平凡簡単でつまらない」と興味を示しません。 また不法侵入まがいの家宅捜索も敢えてやります。プロの警察官が嘆き、「我々は法に縛られているからそういう手段はできない。これじゃあなたにかなわないわけだ」と言う場面もありますが、的を得た発言かどうか。逆にプロなら強制捜査権をふるえる場合がありますし、組織の情報網や同僚、部下を利用できます。ホームズの場合、不正規の少年隊を手下にするか、親友に協力してもらうしかありません。 以上、山崎氏の発言、アマチュアで不正規の手段がとれるから名手――だったとしたら的を得ているかどうかな。

3人がナイス!しています

「アマチュアだから」の意味、その後考えてみました。 一つはアマには失敗が許される、から。 もう一つは、アマとプロには技術差があって当たり前だから。 アマチュアにはふたつの意味があります。ひとつは「職業にしていない」。この場合、反対語はプロフェショナル=職業人。 また、技術が拙いの素人の意味も。この場合反対語は玄人=くろうとになります。 前の意味、ホームズは失敗=依頼人を満足させられない案件もけっこうあるのですが、プロでなく、報酬を受けていないなら失敗しても許される、とのみかたもできます。 あとの意味、同じように事件を解決してもプロなら巧くやって当たり前、素人なら「上手くやった」となる。 また例えで野球の守備。プロなら巧く打球処理して当たり前、エラーしたら罵倒されますが、高校野球なら平凡なプレイでもナイスプレーとひょかされるケースあり。

3

普通に私立探偵じゃないですかね。別に認可はいらないですし。報酬は依頼者や依頼内容によって0〜莫大な金額アリ。 引退してからは養蜂業と執筆業だと思います。

3人がナイス!しています

3

本業は「諮問探偵」です しかも「世界初」の なので「プロ」です ソレは誤解してますネ

3人がナイス!しています