ID非公開

2022/5/14 14:27

66回答

長年お世話になったピアノの先生に、スタインウェイのグランドピアノを寄贈するのはありだと思いますか?

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/5/14 18:32

贈与税、完全に抜けてました。 ありがとうございます

その他の回答(5件)

0

スタインウェイをどうか寄贈して差し上げてください。ピアノの価格が毎年値上りしておりますので、早ければ早いほど良いと思います。贈与税の件はあからさまに申し上げられませんが、子供の教育にスタインウェイやベーゼンドルファーのピアノを買い与えたからといって、子供が贈与税を支払ったとか、指環を勝手もらった嫁が嬉しさの余り贈与税を支払った等と言う話は聞いたことがありません。政府もこのような動産の取り扱いについては先刻承知で、払わなくて良いわけではありませんが、上手に行うべきだと思います。スタインウェイは誰もが憧れる非常に素晴らしいピアノですし、スタインウェイの新品購入者の大方は富裕層と言われています。決して中古でなく新品をプレゼントして差し上げてください。このご時世にあって非常に喜ばしい質問に接し、感激致しました。

ID非公開

質問者2022/5/15 17:21

回答ありがとうございます。 贈与税について詳しく勉強し、先生とよく話した上で決めたいと思います。

0

そうですね。いいねソレ ベーゼンドルファーかファツィオリかどれが好きか聞いてからでもええんやないか?

0

スタインウェイのピアノは、購入時だけでなく、継続的に高額なメンテナンス代がかかります。空調も整えなければならないので、場合によっては、部屋を一つリフォームするくらいの覚悟が必要です。 相手が「もらうことに同意した」時点で、贈与税は発生します。 ですから、下の回答者にコメントしてらっしゃるように、「自分のピアノを置かせてもらっている」ということであれば贈与税はかかりません。 その場合は、設置に関する諸費用も長年に渡るメンテナンスに関する費用も、全て寄贈者した人が負担すべきです。 加えて、先生がお亡くなりになったときや、本人またはご身内の方から「要らない」と言われるようなことがあれば、貴方が所有者としてピアノを引き取るか、処分するかしなければなりません。 贈与税の時効は6年又は7年ですが、実際には贈与と認められるまでは時効が始まらないため、簡単には時効は成立しないのが贈与税です。 つまり、「贈与」が税務署から問題されるのは、「相続時」であることが最も多いということです。 その場での税金を逃れるために「貸す」という形をとると、お互いの身内にまで多大な迷惑が及ぶことがあることを、じゅうぶんに認識されておいた方が良いですね。

ID非公開

質問者2022/5/15 7:09

詳しい回答ありがとうございます。 贈与税を先生本人が負担出来るか、きちんと話し合いたいと思います。

0

先生がそれを望んでいるなら。 先生が新しいスタインウェイを喉から手が出るほど欲しくて、でも買えない、というようなことなら、とても喜ばれるでしょう。 意向を聞かずに一方的に贈ると、場合によっては有難迷惑になることもあります。 置く場所がない、とか、置く場所はあるけれどもう1台ピアノを増やしたくはないとか、スタインウェイよりもヤマハの方が良いと思っているとか、実はベヒシュタインが理想なんだとか、新しいピアノよりもまず良い防音室を作りたいとか、いろいろな可能性があります。

ID非公開

質問者2022/5/14 21:07

仰る通りですね。回答ありがとうございます。

0

スタインウエイの何型を寄贈される予定ですか? ありだと思いませんが?

ID非公開

質問者2022/5/14 14:39

BかCですね。サイズの問題があるので。