みそ汁を英語で言うとミソスープですが何故ミソは日本語のままなんですか?

英語 | 料理、食材239閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

その他の回答(9件)

0

ちなみにどうでもいいことですが、 醤油もそのまま英語になり……soyとなりました。醤油が英語化したら醤油ではなく大豆の意味になってしまったのです。で、肝心の醤油はsoy sauceと言っています。由来から考えたら、「醤油醤油」と言っているわけです(^^;;

1

日本発祥の調味料が『味噌』だからです。 原料と製法に日本独特の文化を持ちます。 『カラオケ』が世界共通語なのも同じです。

1人がナイス!しています

0

タイミングの理由でしょう。ちょうどスシブームが盛り上がった時期に重なって「ミソスープ」の名もメジャーになりました。下手したらミソとはスープにしかしない調味料、または日本のスープ全部を指す、くらいの誤解があるかもしれない程度に。 なぜかというと海外のスシ店ではまず間違いなくメニューにミソスープがあります。(それほど彼らには食事にはスープが必要という意識がある)スシ店のオーナーは日本人であれニセ日本人であれメニューには日本っぽい単語を使いたがるので、ミソとは何か分からない人はあとで調べてね程度に丸投げで日本語(聞きかじりのも含めて)が当たり前の顔で載っています。なのでスシを食べる層にはミソスープという名が普通に受け入れられスシと一緒に広まったんです。 このタイミングでなければ味噌はもっと別の言い方だったでしょう。 「マキ」も誤解から定着した語で「~巻き」という接尾語的に言うはずが巻き物の総称にされてしまいました。「マキなら各種ありますよ」のように。

1

味噌っつー調味料が、欧米には無いからでしょうね。 アジアには、わりとあるんですけど。ただまー、欧米で流行ったのが、日本食ブームに乗ってだったので、日本語の「ミソ」がそのまま定着したんだと思います。

1人がナイス!しています