ID非公開

2022/5/15 18:39

33回答

旧ソ連の軍隊がオートマチック拳銃とリボルバー拳銃を併せて使ったのはなぜでしょう。オートマチックが採用された時点でリボルバーを消す(生産をやめる)のが自然では。

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

1

ソ連のように酷寒の地で使われ事も想定する場合、構造の単純なリボルバーの信頼性の高さが買われた点は大きいです。 それに加えてそもそも軍における拳銃の扱いがあります。 例えばアメリカのコルトM1911は名前の1911年に採用されてから1985年まで制式拳銃として使われており、また1985年に制式がベレッタM9が採用されてからも長期間使われており、制式から外れて40年近く経った今でも一部の部隊には残っています。 これはM1911が優れた拳銃だったことは間違い無いのですが、何より「軍において拳銃は重要な武器ではない」という点があります。 このため急いで更新する必要がないのです。 旧ソ連でも同じであり「元の拳銃が故障だらけの欠陥品」と言う事でもなければ更新はゆっくりとしたものになります。

1人がナイス!しています