よろしくお願いいたします。

バイク | 車検、メンテナンス119閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ビラーゴ250のバルブが曲がる原因は回転数の上げすぎ(廻しすぎ)によりピストンと干渉することが多いのです。 バルブの戻りが回転数に追いつかなくなりシリンダー内に残った状態でピストンと干渉してしまうのです。 もしこれが原因であればバルブの交換はもちろんスプリングのヘタリやタペットの接点磨耗も疑われますのでパーツがあればそれも交換するといいと思います。 そして確かに回るエンジンなのですがやはり古いので7000程度を限度に考えたほうがいいと思います。 似たような症状はドラスタにもたまに起きます。 ビラーゴに比べて比較的新しいドラスタでも廻しすぎによるバルブ打ちは聞きます。ご参考に・・・

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:5/22 18:41

その他の回答(1件)

0

カムチェーンを最大に張った状態 でバルブタイミングが 合っているか、確認されましたか? おそらくピストンの頭にもバルブのキズが付いていると思われます。