R3年購入のタフトGターボに乗っています。 エンジンオイルがメーカー指定で0W-20となっています。 オイル交換の際、スタンドの店員さんにターボなら5W-30の方が良いと言われました。

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。 0w-20の化学合成の物で交換してもらいます。

お礼日時:5/17 6:33

その他の回答(4件)

1

スタンドの店員さん知識が少し古いです。 ダイハツのKFエンジンに使用される規格がより柔らかくなってます。 LA650Sタントなどのノンターボは0w-20から0W-16へ ターボエンジンが5W-30から0w-20へ 勿論5W-30のオイルも使うことは出来ます。 ボンネット裏に推奨オイルのラベルが貼ってあると思うので確認出来ます。

1人がナイス!しています

1

どのような走りをしているか次第だと思います。 エンジンオイルの数値が上がると,いわゆる「硬い」オイルになります。つまり,熱に強くなるので,エンジンをぶん回しても性能が落ちないんです。よって,スポーツ走行をする人,高回転を多用する人には硬いエンジンオイルが向いています。 一方で,硬いオイルは,値段が高いのが一般的です。また,始動時など機械の負担が増えます。危惧されているとおり,燃費も多少落ちます。つまり,わざわざ高いオイルを入れて,性能が落ちる人にとっては,無駄どころが害です。ただ,もし,エンジンが古くて,オイル漏れとかするようでしたら,硬めのオイルを入れるという選択もあります。 実際には,0-20と5-30では体感できる程の差はない気がします。ただ,言えることは,メーカーは,その0-20のエンジンオイルで耐久実験をしています。そのエンジンオイルを使用することで品質を保証しています。それ以外のオイル(社外品など)を使用してトラブルが発生した場合,保証の対象外になることもあるので注意が必要です。 よって,後はご自身で判断して下さい。違うオイルを使うと気分だけでも違ってくることがありますし。音や振動に敏感になることは,車のコンディションに気を配ることにもなります。いろいろご自身で体験してみると,車の奥深さも理解しやすくなると思います。

1人がナイス!しています

1

自分も0W-20ノリですが、チョイス?はメーカー指定に従います。 自動車に関し信頼性は・・・。以下の順位であるという認識です。 一般人≒スタンドスタッフ<保険会社<民間整備工場の営業<民間整備工場の技術スタッフ<ディーラースタッフ≒メーカー指定

1人がナイス!しています

1

エンジンオイルがメーカー指定で0W-20となっています。 ダイハツ純正なら0W-20でトラブルは発生しない ガソリンターボエンジンは 660ccの排気量はそのままで 低速の力(トルク)を増やす仕組み 排気量は、変わらないので エンジンオイルの管理が重要になります ターボが 空気を増量して爆発する力を大きくします ターボチャージャーのシャフトを 常時冷やすのがエンジンオイル 最高回転時は「10万回転」で~回転 シャフトの温度が、約500度以上~に (家庭の天ぷらオイルが約180度) シャフトにエンジンオイルをかけて 過熱した熱を奪う エンジン全開走行状態から 急にエンジンを止めると タービンシャフトに「オイルを送る」ことが出来なくなるため ターボが熱で傷みやすくなり エンジンを全開走行をしても 1分間ぐらい アイドリングをすれば、十分 ターボのシャフトは冷えます

画像

1人がナイス!しています