ID非公開

2022/5/16 13:10

99回答

普通の主婦です。

日本史117閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様、たくさんのご回答ありがとうございました!中田さんのYouTube、見てみたところとても楽しかったのでこちらの方をベストアンサーにさせていただきます。

お礼日時:5/22 20:55

その他の回答(8件)

0

本となると、あるテーマに絞ったものか、通史的なものになりますが、日本史といっても広いので、まずはコレというのもありません。(ネットでは色々でますが) とっつきやすいのは、子供向けの、マンガ日本の歴史です。図書館にあるので、借りてきて読むことをおすすめします。最近のは、Monsterの作者やら、有名な漫画家が書いたりしてますし、今読んでも面白いですよ。 それで、戦国時代なら、織田、武田など興味を絞って、それに関する本を探す方がいいのではと思います。

0

小説ですみません。 「落日の王子 蘇我入鹿」黒岩重吾 この辺りから始めて、 天武帝物とか聖武帝物とか 日本書紀はお堅いですが、古事記は艶っぽいですし、 訳本読み比べも面白いです。 万葉集は裏を読むと面白いです。例えば超有名なこちら 「春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣ほすてふ天の香具山」 持統帝の歌で一般的には「春も過ぎて暑い夏がいよいよやって来るのねー」 みたいな訳が多いですが、よく考えてみましょう。 天香久山は神域であり聖域であります。人の洗濯物など干す訳が無い。 「白妙の衣」とは天皇即位の儀で羽織る羽衣と理解すれば簡単。 「神が坐します神域の、あの羽衣をわが身に纏えば、私にも春はおろか暑い暑い夏がやって来るのよね!おーっほっほっほ!!!」という歌です。 そして「隠された十字架」梅原猛 この辺りでフィニッシュして下さい。主様は日本古代史の虜になります。 それと、 私は現地へ旅する派です。そりゃあもう雲泥の差で百聞は一見に如かず。 磯城の県主が誰かなんて行ったら一発です。歴史書は改ざん出来ても神様を改ざんする訳にはいきません。酒船石も笹船石じゃないかと一発で連想できる場所にありますし、蘇我氏遺構は付近の皆さんに大切にされています。 各地の美味しいものと、いいお湯のセットで楽しめますよ。 まあ、コロナが落ち着くまでは我慢ですけど。

0

質問者さんが、日本史の中で、強く興味を持った出来事・事件、人物に絞って、その関係の本を読んで、そこから広げてゆくのがいいと思います

0

社会人向けに高校レベルの日本史をさらっとおさらいしている本(学び直し日本史みたいなタイトルの本)が、いくつかありますので、そういうのを読んで参考書としつつ、好きな時代の歴史小説を読んでみると、楽しく学べると思いすよ。 女性ですと、特に、永井路子さんがオススメですね。歴史の渦の中で生き抜いた女性にスポットを当てた作品が多いです。大河ドラマの原作にもなっています。当然創作ですが、本当にこうだったんじゃないかと思える。歴史ドラマとして、気軽に、楽しく歴史を学べますよ。飛鳥時代や鎌倉時代を扱った作品が多いです。個人的には、女帝が活躍した飛鳥時代がオススメ。

0

まずは図書館や書店に足を運び、新書程度の数時間もあれば読めそうな本の中から、何となく気になったもの・興味を惹かれたものを借りたり買ったりして、つまみ食い的にどんどん読み進んでいけばいいと思います。 小説が好きなら、歴史小説を読むのもいいと思いますが、小説には必ずしも史実が書かれているとは限らないので、そこは一応気をつけておいたほうがいいでしょう。 しかし、それだけでは網羅的に知識を得ることはできないので、そこで初めて補足のために、高校の教科書を買って読んでみるのもいいと思います。いきなり読むと無味乾燥に思えるでしょうが、結局、情報がいちばん過不足なくまとまっているのは教科書なので、学ぶ上で効率がいいのは間違いないです。