むこうぶちというドラマはどんな作品か&どういう部分に注目して楽しむ作品なのかを知りたいです

ドラマ | 麻雀118閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

1

傀と高レート麻雀で同卓した者たちのストーリーを描いた漫画です。傀は人智を超えたレベルの圧倒的な麻雀強者として描かれていますので傀が勝負に負けることはまずありません。したがって傀に挑む者たちは最終的には勝負に負けることがほぼ規定路線であり、この漫画はそうした敗者たちのストーリーを描いてることになります。 あるものは高レート麻雀から足を洗い平穏に生きる道を選んだり、ある者は傀に再戦を挑もうとしたり、ある者は破滅的な最期を迎えることになったりします。そうした敗者とそれを取り巻く人達による「人間ドラマ」がこの漫画の最大の魅力です。実写版を見て気になったら原作コミックも読むといいでしょう。原作の方が面白いですよ。

1人がナイス!しています

1

麻雀やっていると、 稀に「そういう幸運・不幸ってあるよね」という展開が有ります。 その殆どは、牌譜からでしかわからない事も多いですが。 そういった偶発を、主人公の人外的なオカルト的な感覚で誘発し、 人を食う鬼として描き、弱者を食い物にしようとする者と対決する。 それに同卓したプロ目線の解説を含めて、物語にしたという感じです。 普通ならば、ありえないような鳴きやロンの見逃しも多いので、 (高めや狙い撃ちの為) 打ち方としては、参考にはならないですが、ストーリー的には面白いです。

1人がナイス!しています