ゆっくり茶番劇の商標登録についてです。

YouTube351閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます!

お礼日時:5/26 21:08

その他の回答(2件)

0

「ゆっくり茶番劇」という言葉を使わない限り何も問題ありません。

0

商標登録については、「ゆっくり茶番劇」という文字を表示をする場合は商標使用料を支払えという話です。この文字を表示しないのであれば何の影響もありません。内容が茶番劇であっても商標を表示しなければ問題なし。もちろん、使用料を支払えば表示することも可能です。 もっとも、この商標登録の妥当性については問題になっており、もしかしたら今後状況が変わる可能性もあります。 ただ、それとは別の話ですが、収益化目的でゆっくりボイス(AquesTalk)を使用する場合は株式会社アクエストにライセンス料を支払う必要があることを知らない人が結構いるようです。こちらの方が問題になるかも知れません。 また、これも別件になりますが、YouTubeの方針によりゆっくりボイスを使用した動画の収益化停止が相次いでいます。ゆっくりボイス自体が禁止という訳ではないのですが、ゆっくりボイスを使用した動画はガイドラインの「繰り返しの多いコンテンツ」に該当するケースが多い傾向があるということのようです。