ID非公開

2022/5/17 12:34

22回答

「送電線への直撃雷に対して、がいしは、フラッシュオーバーを 起こさせないように設計される」ではなく、 「送電線への直撃雷に対して、がいしでフラッシュオーバーを発生させ、

補足

「送電線への直撃雷に対して、がいしは、フラッシュオーバーを 起こさないように設計される」ではなく、 「送電線への直撃雷に対して、がいしでフラッシュオーバーを発生させ、 機器が損傷しないように設計される」が正しいのはなぜなのでしょう? に訂正します。

工学 | 物理学95閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

1
ID非公開

質問者2022/5/18 0:26

ご回答ありがとうございます。 一般的にアークホーンも碍子の一部と考えるのでしょうか。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

本当にお世話になりました。 お付き合いいただきありがとうございました。 感謝します。

お礼日時:5/19 0:13

その他の回答(1件)

1

碍子は機械的強度が必要な絶縁物です。 その碍子には通常は送電用高電圧が印加されていますが、落雷で送電線に直撃があるときは碍子の側路に放電しやすい放電路を作って逃がし、碍子への直撃雷電圧を防ぐものがアークホーンです。放電用角とでもいうのでしょうか。 アークホーンを含めての碍子設計ならそういう設計すべき、であるし、「碍子でフラッシュオーバーさせないため」、です。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/5/18 0:27

ご回答ありがとうございます。 アークホーンを含めての碍子設計は、されているのでしょうか。