モーゼの十戒とはエジプトのファラオを呪う、ヤハウェから授かった10の力でしょうか? 1.水を血に変える 2.カエルをナイル川で満たす 3.シラミで国を覆う

補足

つまりヤハウェとは、こんな子供じみた呪いを起こす、災厄神であるという事 ですね。こんなのがキリスト教の神でいいんですか?

世界史 | 宗教145閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

モーセはこれを エジプト脱出に成功した後に 「シナイ山」という山に登って 神から啓示を受けたのが 以下の内容です。 ① 主が唯一の神であること ②偶像を作ってはならないこと(偶像崇拝の禁止) ③神の名をみだりに唱えてはならないこと もしこれがマジな話だったら、モーセはその啓示をユダヤ民 どころか、身内にすら徹底できなかった、無能な指導者と 言う事になる。 士師記 18/30~31 ダンの人々は自分たちのために彫像を立てた。 また、 モーセの子ゲルショムの子ヨナタンとその子孫が、 この地の民が捕囚とされる日までダンの部族の祭司を務めた。 こうして、神の宮がシロにあった間、彼らはミカの造った彫像 を据えていた。 申命記なり出エジプト記の編者が、そんな漫才みたいな物語 を書くとは思えない。 多分申命記の編者も出エジプト記の編者も士師記の伝承を 知らなかったんでしょうね。 だからモーセが神から「偶像崇拝御法度の啓示」を受けたなどと 言う童話を創作したんだと思います。 おかげで、私はモーセが神から啓示を受けたなどと言う童話を 確信を持って笑い話として読むことができます。

1

貴方が仰っているのは神がイスラエル人を救う為にエジプトにもたらした「十の災い(Ten plagues)」です。 ですから「十戒(Ten Commandments)」とは全く異なります。

1人がナイス!しています

2

「十戒」とは 10の戒め(いましめ)と言う意味で 「ユダヤ教」「キリスト教」における 守るべき戒律です。 モーセはこれを エジプト脱出に成功した後に 「シナイ山」という山に登って 神から啓示を受けたのが以下の内容です。 ① 主が唯一の神であること ②偶像を作ってはならないこと(偶像崇拝の禁止) ③神の名をみだりに唱えてはならないこと ④安息日を守ること ⑤父母を敬うこと ⑥殺人をしてはいけないこと(汝、殺す勿れ) ⑦姦淫をしてはいけないこと ⑧盗んではいけないこと(汝、盗む勿れ) ⑨隣人について偽証してはいけないこと ⑩隣人の家や財産をむさぼってはいけないこと 神はこの10個の戒律を2枚の「石板」に刻み 民は必ずこれを守る事と定めたそうです。 今も「ユダヤ教」と「キリスト教」では 信者はこれを最優先に守るべき事としています。 (その後、他にも戒律は増えたので 現在ではこれ以外にも守るべき事はあります)

2人がナイス!しています

そうあなたが、日本で教わっただけでは?  出エジプト記7:17–18 出エジプト記8:1–4をみてください エジプトから逃れる為に、エジプト王を脅し・呪う10の言葉ですよ。 恐ろしいですね。