回答受付が終了しました

山口県阿武町の職員何で、今どきフロッピーディスク 一太郎使っているの SDカード使わないの

パソコン689閲覧

2人が共感しています

回答(6件)

2

それは、おそらく会計課で使用しているシステムが平成初期のもので、一太郎で動いているのだと思います。当然その当時は、SDではなく3.5インチのフロッピーですね。 でも、当時のものを今でも使っている自治体は、今でも複数あると思いますよ。

2人がナイス!しています

2

財政難の小さな町なので新しい機材を入れる財政的なゆとりがないのだと思います。

2人がナイス!しています

1

フロッピーディスクの利点がわかって使っていたのではなく単に新しい事に踏み出すことができない古い頭の人ばかりだったからだと思います。 新規システム導入には数千万かかるかもしれませんが 30年もほったらかしていた役場にも問題があります。 予算がないなら県とか国に掛け合うくらいの積極性がないといけないんじゃないですか。 自分の地位さえ守れれば新しいことに挑戦しない良くない公務員の見本ですね。

1人がナイス!しています

1

銀行や保険会社でもデータ受け渡しに FDを利用するケースはまだ残ってます。 逆に小さなSDやマイクロSDなどは 紛失する可能性が高いので不適。 ほとんどがネットバンキングや ネットでのデータ受け渡しが多くなってると思います。 ※一太郎は、官庁で古くから使用されていたソフトで それに伴い地方の役所でも使用されていた。 現在ではワード・エクセルが主流になってきている。 補足:昔は書類関係もB列が主流でした。B5やB4

1人がナイス!しています

2

今どきフロッピーディスク。となるほど、一般じゃフロッピードライブがない。 なので逆にセキュリティーが高まる。 それにフロッピに収まるほどのデータを数GBの媒体に入れるのも阿保らしいよ。 自分もWin98時代に買った、32MBのUSBフラッシュメモリが健在。 ちょっとしたドキュメントをコンビニで印刷や、PCのBios書き換えに重宝しています。

2人がナイス!しています