ID非公開

2022/5/19 23:50

99回答

ミラーレスはAPS-Cは要らなくないですか。フルサイズのカメラを買って必要に応じてAPS-C用とフルサイズ用のレンズを使い分ければ良いだけでは。

ベストアンサー

0
ID非公開

2022/5/20 0:06

ThanksImg質問者からのお礼コメント

APS-Cはフルサイズの半分ならまだしも面積が四割ですからね。

お礼日時:5/21 15:49

その他の回答(8件)

0

フルサイズは簡単にクロップ出来てファインダーもクロップされます。レンズをわざわざフルとAPS-Cの2本持っていく必要ありまません。不経済です。フルサイズレンズをクロップしたらO.Kです。自分はソニーを使っていますが、タムロン18-300を買ってもいいかなと思いましたがやめました。基本クロップ前提の撮り方はしないからです。ライカもAPS-Cのミラーレスはやめましたね。あの会社は古いけどやることが早いです。ミラーレスもソニーの次に参入してますしね。使い分けは一眼ならの話でミラーレスは集約です。

0

ソニーα1ユーザーです。 レンズもフルサイズ用を使って、カスタムボタンのワンタッチでAPSCクロップしています。 レンズの付け替えなど必要ありません。 大変便利です。

0

そうはならないです。 フルサイズのカメラでAPS-Cモードに切り替えると、解像度は半分以下になってしまい、「大は小を兼ねる」ことにはなりません。 APS-Cモードでも2000万画素オーバーを実現するためには必然的に4500万画素クラスの値段の高いカメラを買わないといけなくなりますが、それは本当に意味のあることでしょうか。私は無意味だと思います。 ちなみにキヤノンはフルサイズ用はRFマウント、APS-C用はEF-Mマウントを採用しているので、互換性がありません。

3

キヤノンR5をAPS-Cクロップで使うと1730万画素、まあ実用上十分とは言え、APS-C専用機と比べると、やはり画素数は低いです。 更に大きさや値段も違います。もうすぐ出るであろうR7は精々25万程度でしょうが、R5は45万もしますし、より安いR6だと、画素数770万画素まで落ちてしまいますから。 超望遠ばかりを使う様な分野では当然需要ありますし、あとはより安価なクラスも当然必要になります。

3人がナイス!しています