ID非公開

2022/5/20 13:38

33回答

埼玉商会は、群馬物産に裏書譲渡した約束手形20.000円につき、支払い人の栃木商事が満期日に支払いを拒絶したため、群馬物産より償還請求費200円とともに償還請求されたため、延滞利息100円とともに小切手を振り出し

簿記32閲覧

ベストアンサー

0

仕訳の例(全て埼玉商会目線) 1. 栃木商事への商品販売 受取手形 20,000 売上 20,000 2. 群馬物産から商品購入(対価として栃木商会からの受取手形を譲渡した) 仕入 20,000 受取手形 20,000 3. 譲渡した受取手形が不渡となった 不渡手形 20,300 当座預金 20,300

その他の回答(2件)

0

>埼玉商会は、群馬物産に裏書譲渡した約束手形20,000円・・・・ この時点で埼玉商会は「貸方:受取手形」で仕訳し、その手形は群馬物産持っています。 その手形の支払人である栃木商事が支払拒絶せず支払したら、何もないことですが、支払拒絶して「不渡」となっていますから、群馬物産は埼玉商会に支払請求(遡求)します。 埼玉商会の仕訳は、 (借)不渡手形:20,300/(貸)当座預金:20,300 埼玉商会は裏書譲渡して手元からなくなっていた受取手形が「不渡手形」として復活することになります。 手形金額は20,000ですが、支払した諸費用は「不渡手形」に含めて仕訳することとなります。