なぜフィットには2ドアがないのですか。 3ドアともいいますが。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スイフトや2やノートにも2ドアがありませんが。 よく分からないのですが。

画像

新車 | 中古車268閲覧

その他の回答(13件)

0

なんと最近では、アルトバン(先代モデルまでアルトには軽貨物仕様があった。)にも2ドアがないですよ。ミラバンもしかりです。「集中と選択」です。2ドアには2ドアの金型、4ドアには4ドアの金型を両方必要ですからね。 また、フィットは初代からセンタータンクレイアウトなどの採用で、車内を広く作るという思想でやってきました。「コンパクトだけれどもコレ1台あれば大概の事には使える」という思想です。そういう思想のクルマに3ドア(なぜか軽自動車は2ドア/4ドア、登録車は3ドア/5ドアと言いますね)のみの設定というわけにはいきませんからね。(カローラクラスより上のクルマからのダウンサイジング需要にも応えるため)そこで「どっちか一方ならどっちを作るか」→「5ドア」となるでしょう。そして、このフィットが多くの国産コンパクトカーのベンチマークのような存在になっています。 フィットに限らず、現在の国産コンパクトカーは全て5ドアです。5ドアだから3ドアより大きいということはありませんので、「大は小を兼ねる」というわけではありませんが、(少なくとも多くの日本人が重要視しない)軽量化・ボディ剛性という観点以外で見ると、(多くの日本人が重要視する)利便性という観点から見て5ドアに需要の方が多いですから。なお、コンパクトクラスの世界的なベンチマーク、VWポロも現行型から5ドアのみの設定です

0

コストダウンのため。 多少部品点数が増えたとしても、単一のボディタイプで大量生産する方が安くつく。同じ車種で3ドア車と5ドア車を造り分ける方がコストがかかる。そこでフルモデルチェンジを機に5ドア車に統一して、グレードのみで差別化する車種が増えた。 特にハッチバック車は、世界中で普遍的なボディタイプだし基本が低価格帯の車種であるから、世界中のどこでも単一のノウハウで現地生産できるメリットは大きい。 そういう時代になったということ。

0

車が大きくなって幅も広がりました。 幅が広がったところに長い2ドアを付ければ狭い駐車場では運転手でさえ乗り降りしにくいでしょう。 クーペなら我慢できても実用車では我慢が少ない方が良いって事でしょう。