文房具のシャーペンに詳しい人に質問です。ノックしながら芯を戻すと、チャックの部分に大きな負荷がかかって、シャーペンの寿命が短くなると聞いたことがあります。

文房具 | 日用品、生活雑貨120閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ノックしたままの状態で芯を出し入れしても、チャックにはほとんど影響がないんですね。テクト2wayの芯が固定されなかった謎も解けた気がします。ありがとうございました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました

お礼日時:5/21 22:16

その他の回答(3件)

0

ノック式のシャープペンシルはノックして使う物です。初めからノックして使うことを前提に設計されてます。 ノックして芯を出して問題ありません。 靴は履いたら負荷がかかるから履かない方が良い、自転車は乗ったら負荷がかかるから乗らない方が良いと言ってるのと同じです。

0

そんな程度で寿命が短くなるなら字なんて書けないし 毎回先端から抜いて、入れなおしてって面倒くさいことするの? 別にどんな使い方してたって大なり小なり負荷はかかるんだから そんなこと悩まないで使っていればいいと思います。

情報源がyoutubeなので、全くもって信憑性はないんですけどね。心配性なので質問しました。壊したくないので、寿命が延びるのであれば面倒でも芯を引き抜いて使おうと思っています。

0

その程度で大きな負担がかかるなら、文字は書けないと思いますけどね…

いや、割と本当らしいですよ 昔自分の使っていたテクト2wayっていうシャーペンは、頻繁に芯を戻していたせいか、2年ほどで芯が固定されなくなってしまいました