戦場のピアニストみたいな第二次世界大戦中のユダヤ人をモデルとした映画を教えてください

外国映画67閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

さよなら子供たち ​​ https://youtu.be/GUdbVupLdE8 https://www.youtube.com/watch?v=GUdbVupLdE8 ​​戦後 アウシュビッツへ、、巡礼の旅に旅立つルイ・マル監督 「もっと生きたかった」​少年たちの無念の叫びが聞こえてくる。 この映画見た時の悲しさが忘れられない、、、 ルイ・マル監督の悲しさ、、、 ​​ さよなら子供たち(1987年製作) 寄宿舎のシェフの密告でアウシュビッツに送られて殺されてしまった3人の少年たちと少年たちを匿った校長先生のジャック・ビュネル(フランスのカルメル会神父)が描かれています。 ルイ・マル監督は12歳の時、最愛のお友達ジャン・ボネを失った。 ルイ・マルの自伝的作品。 ナチス・ドイツの占領下にあったフランス。寄宿学校でジュリアンはボネという転校生に出会うが…… 結局3人の少年はアウシュビッツで亡くなり 校長先生はマウトハウゼンで亡くなった。​ マウトハウゼンというとアンネの日記のペーターもマウトハウゼンで亡くなった。ナチハンターのサイモンウイゼンタールはたった40キロになってマウトハウゼンから生還した。​ ​​時は1944年、ドイツ占領下のフランスで12歳の少年ジュリアン(ガスパール・マネッス)は寄宿学校に通っていた。クリスマス休暇明けに3人のイタリア人の転校生が入ってきた。 ルイ・マルのクラスにジャン・ポネ(ラファエル・ファジト)という転入生がやってくる。ジャンにはある秘密があった。実は彼はユダヤ人であり、ジャン神父の計らいでこの寄宿学校に匿われているのだ。 少年たちの両親は死の収容所に送られてしまい少年たちだけ生き残ってた。 それをジュリアンは彼の荷物を盗み見たことで偶然知ってしまう。 イタリア人の少年3人が寄宿舎に入って来たことになってたが。 ルイ・マルがボネの本を手に取ってのぞいてみたら裏ぺージに〇〇シュタインという名が書いてあった。彼の本名はシュタインだった。 それを知った時のルイ・マルの驚き。 ボネは恐ろしく聡明で数学物理なんでもトップの成績だった。 ルイマルが唯一勝てたのは国語だけだった。​​ だがそんなこととは関係なく、2人は徐々に関係を深めていく。一緒に森で迷子になり、映画を観て笑い、夜には発禁本を2人でこっそり読み明かした。ジュリアンの母親と一緒に食事にも行った。戦争とは無縁の無邪気な時間が流れていた。 しかしそんな平和な日々は長くは続かなかった。食料を盗んでいたのがバレて解雇された料理番のジョセフが、学校がユダヤ人を匿っていることを腹いせにゲシュタポに密告したのだ。 突然学校にやってきたゲシュタポによってジャンボネたちユダヤ少年とジャック・ビュネル神父は連行された。​​ これがボネとの永遠の別れとなってしまった、、

画像
1

『ライフ・イズ・ビューティフル』 『シンドラーのリスト』 『縞模様のパジャマの少年』

1人がナイス!しています