ゴルフでのテイクバック動作について

ゴルフ119閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

テイクバックの瞬間にグリップに力が入って「ぴくっ」っとなるのを防ぎたいのであれば、グリッププレッシャーをはじめから強くした方が良いと思います。

0

左脇を締め過ぎているのかも知れません。左脇を少しリラックスされて懐に少しだけ余裕を持たせるイメージを試されて見るのも一案かも知れません。

0

バック「は」スイングするので力は入りますが、指10本の何指に 力が入るか?だと思います。 左の小指と手首はヘッドの重さに負けない様にグリップしたら、バック フェースに置いたボールを、右脚過ぎるまで左腕の力で転がしながら テイクバックしてみる。 シャフトの先にボールの乗ったスプーンをイメージしたら、右脚過ぎる までボールが落ちなければ、左腕が内旋する事は無いと思います。 キャリアが不明ですが、ゴルフ理論で頭デッカチに成る前に、ショート アイアンのハーフスイングでアドレスに戻さない連続素振りすると 質問の悩みは解決すると思います。

検索しても見られますが、ベンホーガン「モダンゴルフ」の ブックカバーに載っている変わったグリップで素振りすると 指10本の使う指と使わない指が分かります。