天はいつも人間の行動を見ているのでしょうか? そして、その人間が良い行いをすれば、良い報いを与え、その人間が悪い行いをすれば、悪い報いを与えるのでしょうか?

補足

この問題は投票にします! 私が投票にするケースは元々、滅多にありません! ですが、今回のケースだけは、投票にします!

宗教 | 哲学、倫理135閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(10件)

0

天に目玉はないやい 投票制度はなくなったよ

1

あまり関係ないと思います 成功も失敗も偶然です 一つの結果の原因は無数にあります それを良いとか 悪いとか自分勝手に妄想してるのが 人間です こちらの善はあちらの悪なんてことは 至るところに発生しています 神とか天とかは それぞれの立場で自分に都合よく 作り上げた虚しい根拠に過ぎません さあ、もっともっと自分勝手に 生きましょう

1人がナイス!しています

1

他の方も書いておられるように、即応ではないけれども、神は人の心の奥底までも探り知る方であると明記されています。 ローマ人への手紙8:27(口語訳) 「そして、人の心を探り知るかたは、御霊の思うところがなんであるかを知っておられる。なぜなら、御霊は、聖徒のために、神の御旨にかなうとりなしをして下さるからである。」 また、 ヨハネの黙示録2:21~23(口語訳) 「わたしは、この女に悔い改めるおりを与えたが、悔い改めてその不品行をやめようとはしない。 見よ、わたしはこの女を病の床に投げ入れる。この女と姦淫する者をも、悔い改めて彼女のわざから離れなければ、大きな患難の中に投げ入れる。 また、この女の子供たちをも打ち殺そう。こうしてすべての教会は、わたしが人の心の奥底までも探り知る者であることを悟るであろう。そしてわたしは、あなたがたひとりびとりのわざに応じて報いよう。」 神の方針は、次のようです。 ヨハネの黙示録22:11~12(口語訳) 「不義な者はさらに不義を行い、汚れた者はさらに汚れたことを行い、義なる者はさらに義を行い、聖なる者はさらに聖なることを行うままにさせよ」。 「見よ、わたしはすぐに来る。報いを携えてきて、それぞれのしわざに応じて報いよう。」 また、次の箇所では、 「良い種を自分の畑にまいておいた人」は神、 「敵」はサタン、 「良い種、麦」は福音、それを信じる人々、 「毒麦」は、神に背く教え、背きを行う人々です。 マタイによる福音書13:24~30(口語訳) 「また、ほかの譬を彼らに示して言われた、「天国は、良い種を自分の畑にまいておいた人のようなものである。 人々が眠っている間に敵がきて、麦の中に毒麦をまいて立ち去った。 芽がはえ出て実を結ぶと、同時に毒麦もあらわれてきた。 僕たちがきて、家の主人に言った、『ご主人様、畑におまきになったのは、良い種ではありませんでしたか。どうして毒麦がはえてきたのですか』。 主人は言った、『それは敵のしわざだ』。すると僕たちが言った『では行って、それを抜き集めましょうか』。 彼は言った、『いや、毒麦を集めようとして、麦も一緒に抜くかも知れない。 収穫まで、両方とも育つままにしておけ。収穫の時になったら、刈る者に、まず毒麦を集めて束にして焼き、麦の方は集めて倉に入れてくれ、と言いつけよう』」。」 そして、最後は、白い御座のさばきで裁かれます。 ヨハネの黙示録20:11~15(口語訳) 「また見ていると、大きな白い御座があり、そこにいますかたがあった。天も地も御顔の前から逃げ去って、あとかたもなくなった。 また、死んでいた者が、大いなる者も小さき者も共に、御座の前に立っているのが見えた。かずかずの書物が開かれたが、もう一つの書物が開かれた。これはいのちの書であった。死人はそのしわざに応じ、この書物に書かれていることにしたがって、さばかれた。 海はその中にいる死人を出し、死も黄泉もその中にいる死人を出し、そして、おのおのそのしわざに応じて、さばきを受けた。 それから、死も黄泉も火の池に投げ込まれた。この火の池が第二の死である。 このいのちの書に名がしるされていない者はみな、火の池に投げ込まれた。」

1人がナイス!しています

2

万物を造られた全知全能者、唯一誠の神様が、私たち人類の言動・心の中さえも常に見ておられます。 生きているうちに神罰を下すこともありますが、死んだ後に、すべての罪の総決算がなされます。 詩篇14:2 主は天から人の子らを見おろして、神を尋ね求める、悟りのある者がいるかどうかをご覧になった。 詩篇139:1~4 主よ。あなたは私を探り、私を知っておられます。あなたこそは私のすわるのも、立つのも知っておられ、私の思いを遠くから読み取られます。あなたは私の歩みと私の伏すのを見守り、私の道をことごとく知っておられます。ことばが私の舌にのぼる前に、なんと主よ、あなたはそれをことごとく知っておられます。 ゼパニヤ1:12 その時、わたしは、ともしびをかざして、エルサレムを捜し、そのぶどう酒のかすの上によどんでいて、「主は良いことも、悪いこともしない」と心の中で言っている者どもを罰する。 黙示録 20:11~12 また私は、大きな白い御座と、そこに着座しておられる方を見た。地も天もその御前から逃げ去って、あとかたもなくなった。また私は、死んだ人々が、大きい者も、小さい者も御座の前に立っているのを見た。そして、数々の書物が開かれた。また、別の一つの書物も開かれたが、それは、いのちの書であった。死んだ人々は、これらの書物に書きしるされているところに従って、自分の行いに応じてさばかれた。 ヨハネ3:36 御子(=キリスト)を信じる者は永遠のいのちを持つが、御子に聞き従わない者は、いのちを見ることがなく、神の怒りがその上にとどまる。 「なぜ善行によっては、天国へ行けないのか?」 https://inochinomizu.hatenablog.com/entry/2017/10/31/192720

2人がナイス!しています