国語の知識がしっかりある方に伺います。最近やたらと正論という言葉が軽々しく飛び交ってるように感じます。

ベストアンサー

0

その他の回答(8件)

0

正論と共感は全く別の意味を持つ言葉でリンクなどしていません。 それは正論だけど私は共感できない、という事はよくある事です。

0

使い方が間違っていたとしてなにか問題があるでしょうか。 時を経て意味が変わってきた言葉なぞ、いくらでもあります。 「正論」という言葉も他の言葉と同様に、少しずつ変わっていっているだけなのだと思います。

0

・まさに正論だ ・正論だけど感情的に受け入れられない といったように正論と共感するかしないかは別です 論理や道理で正しいということと 共感するかどうかは別だからです

0

『それは正論だ』という場合、“それ”に対して評価していることを意味します。 理に適っているように思います。という意味です。 共感と言うより、同意・同感のニュアンスが強いです。

1

え、そっち? ネットが広まる前は「正論だが、しかし……」という使い方が普通だった。確かに「正しい」のだが、その「正しさ」を貫けない様々な状況があるだろう、ということを含意していた。 だがネットが広まって以降、「正論」で終わる言い回しがやたら多くなった。そういう使い方をネットで見た子らが拡大再生産して、意味が変わったのだろう。

1人がナイス!しています