ID非公開

2022/5/21 23:46

77回答

「24時間戦えますか」なんて宣伝文句に表立って疑問も持たず(内心持ってる人もいたかも)当然のように働き詰めだった昭和世代と、

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

0

だって、働いたら働いた分だけ給料が貰えてましたし、毎年給料が上がるんだから頑張れたでしょう。 今はどんなに働いたって残業代はつかないし、給料も上がらない。非正規雇用だとボーナスも退職金もない。 そんなんで一生懸命働けますか?

1

今よりは、給料も上がり経済成長していたからです。派遣もなかったですし会社が傾きクビになることも少なかったですからパワハラはあったですが問題にならなかったです。仕事ができないから注意された程度だったです。 しかしバブルが崩壊し大企業でも倒産し大量にクビを切られるようになり法的に訴える人が出てきたのです。そこから問題になってきたと思います。 精神が弱かったで片付けられたのが真相と思います。 よってこれからは、泣き寝入りせず法的にどんどん訴えていくことが改善につながると思います。泣き寝入りがブラック企業を横行させると思います。 ブラック企業は泣き寝入りするから横行するのです。法律にも問題があります。参考に https://youtu.be/OAdPRha0LGs ブラック企業には泣き寝入りせず法的に訴えたり改善するしかないです。 例えば残業代は必ずもらえます。労働時間の記録は残業代アプリを利用してください❗ 払わない場合は少額訴訟や労働審判やひとりでも入れる労働組合もあります。 せめて労働基準監督署に申告してハロワにも報告してください❗会社都合で辞めることができます。 改善するには労働組合をつくるしかないです。 労働組合は二人からつくることができます。 労働組合がなければ会社の一方的な労働条件になってしまい従業員が会社に話あいの申し入れをして会社が拒否しても法的におとがめはありません。 そうなれば、会社がブラック企業になってしまいます。労働組合が機能しなくなったり解散しブラック企業になってしまった例はよくあります。 しかし労働組合をつくると状況は一変します。労働組合をつくると会社と対等に話あいが出来る権利、団体交渉権(憲法28条労働3権)が得られ団体交渉は正当な理由なく拒否できません。拒否したら禁固刑を含む厳しい罰則があります。参考にこちらをご覧くださいhttp://www.youtube.com/watch?v=wM1yvU6pe_A&sns=em 最近は労働組合をつくるきっかけとして個人加盟労働組合もありますし、労働組合をつくると就業規則より効力の強い労働協約を締結できます。 法規の効力の順番に憲法>法令>労働協約>就業規則>労働契約>業務命令になります。参考にこちらをご覧くださいhttp://www.youtube.com/watch?v=qYkSA_d32PI&sns=em 労働組合をつくることにより会社から妨害行為や団体交渉がこじれたりしても労働委員会という機関に不当労働行為の救済申し立てができます。http://www.youtube.com/watch?v=KyyZrYLYuvk&sns=em 詳しくはネットで全労連労働相談ホットラインと検索してフリーダイヤルで電話相談してみてください❗

1人がナイス!しています

0
ID非公開

2022/5/22 2:16

あくまでも比喩、 朝から晩まで働いて仕事の為に寝る、仕事の為に24時間を費やす 頑張れば報われた時代、企業は躍進し社員は高給高ボーナス、 働き甲斐のある時代だった それに比べ今はブラック企業全盛、働いても報われない、努力しても企業は低迷、今はそんな働き甲斐のない時代

0

>「24時間戦えますか」 当時でも違法でありえない働き方。 比喩表現わかってないね。 何を24時間なのだろう?と思えないかね。 キミ失格。 分かるだろ? 「24時間(エネルギッシュに行動できるような)戦え(でき)ますか」だろが。 ドリンク剤のCMだ。 https://www.youtube.com/watch?v=MmHlyCaqLws 仕事と思ったのが敗因というわけだ。 直訳しすぎ。

0

それは、曲がりなりにも頑張ったり理不尽な思いを しつつも苦労した分、地位や給与が上がり、もしく はいずれは上に立てたり報われるだろうという希望 や見込みが持てた時代だったからでは。片や今は、 同じように努力や苦労をしても、あまり報われる場 面は多くなく、むしろ悲観的な将来像しか見えず、 夢や希望を持ちづらい世の中だからでは・・・