回答受付が終了しました

握手 井上ひさしさんのお話で なぜ、ルロイ修道士の葬式の時に知らぬ間に、両手の人差し指を交差させ、せわしく打ちつけていたのでしょうか? また、誰に対してしていますか?

文学、古典 | 葬儀449閲覧

回答(2件)

0

本文らすとのその一文には「知らぬ間に」と書いてあります 「なぜ」と問うても、「私」が無意識にしている事です 「私」の心がルロイとその死に対して「こんなに早く逝ってしまってはダメだ」と言っている、そう読むのが本当だと思います 光村図書は学習課題の正解として「会いに来た時に本当の病状を言わなかったルロイに対して抗議する悲しい思い」などとしているようですが、とんでもない理解だと思います この作品を理解しない者が教師用指導書を執筆し、この作品を理解しない現場教師たちによって貧しい読みが中学生たちに教えられている、全く嘆かわしいことです 無意識にルロイの指言葉が出て、それに「私」が気付いたということは、それだけルロイという人が「私」の心に刻み込まれているということ、つまり師弟関係としてたいへん肯定的な意味を示しています どうしてそう教えられないのか、私には単純に不思議です