道志村で美咲ちゃんは死亡していたことになりましたが、もしあの時、美咲ちゃんが何かを持っていたら助かったのでは…?という物がありますでしょうか?

補足

現実的な物で、たまたまこれを持っていたから娘は無事に助かった、という物をお願いします。

登山794閲覧

ベストアンサー

5

5人がナイス!しています

ご回答ありがとうございます。 確かに昨今のキャンプブームで、家族連れとなると、楽しい事ばかり考えて危機管理意識がイマイチという場合が多いですね。色々なツールも使い方を教えておくなりしないとダメってことですね。結構川の事故なども親がそばにいても起きてしまうので、先に一緒に周りを点検して行動範囲も必ず目の届く範囲で注意しないとダメですよね。 親子一緒に周りの事前点検が凄く勉強になりました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

自然観察がご趣味の方にBAを決めさせていただきました。 皆さん同じ様なご回答で、ものに頼ってはダメということですね。 過信する親の心理こそ危ない!ですね。ありがとうございました。

お礼日時:5/24 23:28

その他の回答(6件)

1

クマに襲われたら、どんな便利な機器も無意味ですので、100%助かったというものはありません

1人がナイス!しています

ご回答ありがとうございます。 クマよけ用に大きなお菓子の缶の蓋を持って行って石か太めの枝でその缶の蓋をたたいて人間が近づいているのを知らせるって言うのはどうでしょう?大きな音が響いてクマよけ用にも使えるし、ここにいるぞ~!、と知らせることも出来るとか?

2

親御さんには酷だけど、アウトドアで小さな子供から目を離すことがミスだと思います。よく川で溺れる事故も散見しますが、原因は同じでしょう。

2人がナイス!しています

ご回答ありがとうございます。 確かにそうですね。 ついつい目を離すことが考えられたなら、事前にどういう危険があるのか、こうやって助かった人がいる、とか教える必要があるってことですね?

2

親がアウトドアに慣れていない。 犬でもいきなり放すと迷子になる。 そんな知識がない。

2人がナイス!しています

ご回答ありがとうございます。 犬なら「ママ!ママ!ママ!思ったけど、そんな賢い犬は訓練でもしない限り無理でしょうかね? ”I shouldn't be alive"に飼い犬が助けを求めに行って人を連れてきた、というバージョンもありました。イエローストーンで数メーター滑落して大腿部股関節を骨折で3日間水少量だけの見ながら生き延びて、最後の最後で、犬に「Somebody help me!Somebody!Go!Go!Go!」のようなこと言って、犬が人を連れてきた、というのがありましたけどね。

2

質問者さんが挙げておられるものはすべて現実的でないと思います。 家族でキャンプ場に行くだけなのに、 わざわざ子供にそこまで持たせる親はいないでしょう。 強いて言うなら「方向感覚」でしょうね。 これを持っていたら助かっていたでしょう。 これが現実的かと思います。

2人がナイス!しています