ID非公開

2022/5/22 14:03

44回答

終末思想ってなんですか?

宗教 | 世界史52閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます

お礼日時:5/22 18:47

その他の回答(3件)

0

善悪の時代が交差する時期です。 この世の終わりの、この世のとは悪の時代を示しています。 悪の栄える時代が終って、善なる時代が始まります。

0

今までの歴史にラディカルな終わりが来て、 神が地上に来て、自身が王として支配する新しい時代が来る、 という終末思想があります。 それは「民主主義社会よりもっと良い」神の愛と正義による独裁社会で そこに住む全ての人の人権は完全に尊重されるのです。 黙示的終末思想は、 BC3世紀~AD2世紀に書かれましたが、それは、遠い未来に関する 予言として書かれてますが、実際は、現実の圧政者を弾劾するために、 虚構の物語の形式になってます。それは、世界が崩壊するという物語 ではなく、圧政者たちの支配の時代が終わり、自分たちに永遠の平和が おとずれる、という彼らの期待を描いたのです。それは、歴史的予測を 描いたものではなく、圧政に苦しむ彼らの現実的な祈りであり、 切なく強い願望だったのです。

0

聖書に書かれている終末は、「この世の終わり」の事です。 この世が終わって、来るべき世に成る訳ですから、全てが神の計画されている事なのです。 この世で最初の審判が行われて、神が創造している新しい天の王国の王また祭司に成る人々が選ばれます、総勢14万4千人です。 この王たちの数が揃った時点で「この世」が終わりになります。これが終末です。 その後千年王国と言う中間の審判が行われて、新しい地の王国の王たちが選ばれます。 この千年が終わってから、アダム以来の全ての死人の復活が始まり、新たな命の書で永遠の命に入る者と永遠の滅びを被る者とに分けられることを最後の審判と言います。