NETFLIXで字幕と日本語吹き替えが異なるのはなぜでしょうか? 韓国ドラマを日本語吹き替えで見つつ日本語字幕も表示しているのですが 字幕と吹き替えが違うことに疑問を感じます

補足

韓国ドラマに限らず、日本語以外のドラマ・映画ならすべてに共通していると思います なぜでしょうか

アジア・韓国ドラマ | 外国映画177閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

字幕のほうが吹替よりも理解するのに時間がかかると仰っている方がいますが、日本人が同じ日本語を読む場合と聞く場合なら、たとえ画像を見ながらでも、字を読むほうが速いでしょう。 黙読と音読の速度の違いを考えれば、理解できるかと思います。 一番大きい要因は、画面が小さくて、字幕が収まりきらないことだそうです。 吹替版通りの字幕を入れようとすると、何段にもなり、煩雑になるのが主因です。 実際、同じ映画でも、映画館の大きい画面で見る字幕と、テレビなどの小さい画面で見る字幕では、後者の方が簡略化されているそうです。

0

話すときは「流れ」で理解するので完璧な文章じゃなくても、例えば助詞や時制が間違ったり、スラスラと言葉が出なくても理解はできます。 しかし、「文字(文章)」になると話は違いますよね。 文が長すぎたり文法的に整理されないと読みにくいし目に入ってこないです。 また、シーン(カメラの目線)と字幕が変わるタイミングも合わせなきゃいけないので字幕の方が簡素で整理された(?)感じになると思います。

2

役者が「彼がそんなこと言うワケないだろ」と言ったとしますね。 日常のドラマなら、時間にして1秒間くらいです。 しかし「彼がそんなこと言うワケないだろ」という15文字を、画面の映像に注目しながら黙読し、内容をアタマで把握するのには2秒くらいかかります。 つまり、映画のスピードに観客の理解がついていくためには、しゃべってる内容の、半分くらいの文字数=字幕に意味を詰めないといけません。 まあ例文の場合だと、字幕作家は「そんなハズない」って 7文字に削って記述することになります。 そこが職業としての字幕師の「国語力の見せどころ」でもあります。字幕師は翻訳家ではありますが、同時通訳じゃないのです。 吹替え版どおりの内容を字幕に書き写せるのは、せいぜい掛け声とか、名前を呼ぶときぐらいなものです。 吹替え版より字幕版(を観る方)がいい、って主義の人は「ある程度、内容が曖昧にしか鑑賞できない」ことは覚悟して観る必要があります。

2人がナイス!しています