日本から客車が消えたということですが、そもそも客車と付随車って機能的(自力で走れない)には同じじゃないのですか Yahooの下記の記事で日本では客車がなくなったそうです。

補足

皆様、丁寧なご説明ありがとうございます。 時々新幹線何かに乗っているので、客車がなくなったと言われると いつも乗っている車両はなんなんだ、と思って質問させていただき ました。 一言で電車と言っても色々と複雑なものなのが良くわかりました。

鉄道、列車、駅 | 鉄道ファン178閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご丁寧なご解説誠にありがとうございました。 今回の記事により日頃乗客側からは分からない運営者側からの客車の概念というものがよく分かりました。 分かりやすくかつ専門的なご解説ありがとうございました。

お礼日時:5/23 17:41

その他の回答(5件)

0

付随車は動力はなくても好きな位置に配置できる。 だから往復運転できる。 客車は動力の後方にしか配置出来ない。 SLとかで転車台があるのはそのため。

0

京王5000系がトロッコ列車に改造されたり、サシ481がスシに、サロ481がレガートシートに改造されたりはしているが、根本的なシステムが違うので。 客車自体は残ってます。定期列車ではないが、臨時列車や観光列車としてばんえつ物語やななつ星、山口号、サロンカーなにわ、カシオペアなど

2

それを言うなら、電車だろうが気動車だろうが旅客輸送用車両は全て「客車」。 電車の動力付きなら「電動客車」、気動車なら「気動客車」が正式名。 全て「客車」じゃ区別がつかないから、使い分けている。 それだけのこと。

2人がナイス!しています

2

付随車は電車の編成に組み込まれているものだからでしょうね。 客車の場合は、機関車と分かれているから、機関車・客車という区別が成り立ちます。 電車の動力車を機関車とは言いませんよね。 付随車を客車と区別するのは、動力車を機関車と区別するのと同様ではないでしょうか。

2人がナイス!しています