至急教えてください! 主人の扶養に入ってます。 6月から働く予定ですが、以下の認識で間違いないでしょうか。 ①6月から12月までの合計のお給料が103万円以下であれば配偶者控除を受けられる。

社会保険 | 税金118閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさん、回答ありがとうございます。 難しいですね.., 中でもわかりやすく響いた方にベストアンサーを差し上げます。 ありがとうございました!

お礼日時:5/23 13:23

その他の回答(5件)

0

①節税効果としては、夫の配偶者控除が使えるので、 150万以下は所得控除38万で変わりません。 103万以下なら主は非課税で、150万以下なら、 103万を超えた部分に所得税5%。 ②月108333円以下なら、社保扶養は認められるでしょう。 超えるようなら、外す必要があります。 全ての法的責任は、夫にあります。 罰金50万程度だから大したことは無いです。

0

1月から12月までの収入が103万円なら、150万円以下なので夫は配偶者控除は可能です。 配偶者控除は150万円が上限ですから。 103万円というのは16歳以上の子などの話です。 健康保険も1月から12月の収入130万円で決まりますが、月額換算した数字で判断する組織も多いです。 そもそも、6月から5月までなんてキリの悪い考えをするの? キリがいいのは1月から12月まででしょ? 質問者の事情で質問者がルールを決めるのでは無く、決める権利がある側が決めるのです。 月12万円も稼いだらも健康保険の扶養から追い出される。

0

1月1日から12月31日までです。 103万を超えても201万5999円まではあなたの配偶者は配偶者特別控除を段階的に受けることができますが、配偶者控除に固執する理由は何ですか? 事業所によっては106万を超えるとあなた自身が社会保険に加入することになります。今年10月から事業所の範囲が拡大されますが、あなたが勤める事業所に確認されているのでしょうか?

0

①そうですが、超えた場合でも配偶者特別控除があります。 ②誤り。雇用契約の内容により、年間130万円以上の給与収入が見込める状態となった時点で資格を喪失します。