中国に住んでた日本人(18歳)です。

ベストアンサー

0

その他の回答(7件)

0

たぶん18歳でまだまだ社会を知らないのでしょうね。 資本主義自由主義の国は皆の一票で政治家を選べたり、間接的に総理大臣を選んでいます。自分たちが選んだ政治家が間違えたことをすれば、文句を言う権利を持っています。それが表現の自由です。 それに比べて社会主義全体主義の国は政治家がどんな悪政をしようが国民に文句が言えないような仕組みです。微博で「熊のプーさん」「小学校卒業」と検索や投稿できますか?たちまち検閲かけられ、次の日に中国公安が家にやってきます。以前も習近平の悪政に反対して、習近平のポスターに墨をかけた少女が次の日に精神病院に連行され、薬漬けされていましたね。 まあ日本人も平和ボケで他力本願なところはありますが、中国と比較するのは大間違いですね。

0

経済(政策)への批判は、政府を批判するということです。 中国人が政策批判しないのは、文化だからではなく、政府が怖いからです。 お酒の席のような、くだけた場でもです。 割りと近所に、国立大学の留学生会館(学生寮)があり、道に迷った中国人女性に道を尋ねられ、その時は場所を知らなかったので交番に行こうと言いました。 すると、少し目を離した隙に逃げてしまいました。 その時は逃げた理由が判らなかったのですが、中国の公安は日本の警察と違って怖いからです。

0

中国は国民が中国経済に口をださないのではなく、「出せない」のです。 出したら、国から報復されますから。 あと平均賃金出していますが、中国約14億と日本人1億弱と比較するのはナンセンスです。 その場合の平均の出し方となると、中国側を上位何%にして、平均を出す条件を定めるのです。 日本もおかしいですが、中国はそれ以上におかしい国ですよ? 責任逃れは当たり前ですし、他国との共同と言いながら途中で梯子を外すし。

0

中国は今でも経済成長が続き、中国人の暮らしは良くなっていく一方です。 だから文句が表立って出てこないのです。 農村戸籍の人々は昔からあきらめて冷めていますね。 一方の日本は衰退する一方で、日本人の生活が総じて苦しくなるばかりなので不満を口にするのです。 世の中こんなものです。

0

文句を言えるなら言わせてあげる、それが日本の文化なの。 アジアでは日本だけ言葉に無責任な国家です。 円安に文句を言っているのは中国系と韓国系です。彼らはアベノミクスにも文句言う。日本人には目に見えない工作員がいっぱいいる国で扇動したがるのです。立憲民主党などが。そうやって世論を動かして政治の失敗として政権転覆を狙っている