PCを自作しようと考えているのですがOS代が高く躊躇っています。 そこで、 1.ノートパソコンのWindow入りHDDを移植 2.OSをSSDに移行 しようと考えています。

パソコン | Windows 101,483閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

11

11人がナイス!しています

その他の回答(16件)

0

マザーボードとかCPUとかSSDにバンドルして売ってるOEM(DSP)版ならだいぶ安いぞ。 バンドルで買った部品と一緒に使えば、他のPCでもライセンス違反にならずに使えるし。

0

どうしても払いたくないならLinuxを使いましょう!! 大抵の事はLinuxでも出来ますよ!! Gentoo Linuxとかオススメですよ!!

4

1,2のどちらもライセンス違反です。 ノートパソコンに搭載されているOSは「OEM版」と言って、自社の販売するパソコンにのみ使う契約の代わりにメーカーがまとめて買って1ライセンスあたりのコストを安くしているというものです。これは搭載されているパソコン以外で使うことはできません。無料に感じてしまいやすいWindows OSですが、ノートパソコンを買う代金にすでに(通常版よりも安いですが実は)Windows OSの代金が含まれているんです。 自作パソコンの場合、「DSP版」か「通常版(パッケージ版、ダウンロード版)」を買う必要があります。1万円くらいしますが、それが本来のOSの価格です。諦めてください。 「DSP版」はパソコンパーツとセット販売されていて、そのパーツを組み込んだパソコンと一緒に使うことを想定して販売されています。一部パソコンパーツを変えても、全く別のパソコンにしても、ライセンスを移すができます。ただし、セット販売されたパーツと一緒に組み込むことが前提です。(でもほぼ絶滅したExpressじゃない古い方のPCIの100MbpsのLANカードとバンドルされているけどなんでだろなぁ) 「通常版」はDSP版のようなパーツのバンドル制限のようなデメリットなく、自由にライセンスを移動させることができます。代わりに「DSP版」よりも少しだけ高いです。同時に起動しなければ複数台のパソコンにインストールすることもできます。そのため、自作ユーザーは一つ「通常版」のライセンスを買ってしまえば、(二台目の常時使うパソコンを作らない限り)永久的にライセンス料金を払わなくてよいのです。つまり実質絶対に壊れないパソコンパーツですので、たかが1万円ちょいをケチってライセンス違反するのはよくないですよ。

4人がナイス!しています

2

運がよければ可能だけど新しくプロダクトキーが必要になるけどそれくらい分かって質問してるんだよね?

2人がナイス!しています