ID非公開

2022/5/23 14:28

88回答

EVの軽自動車の記事を見たのですが、これが登場したら自動車業界は大きく変わりますか?金額も思った以上に高くはないみたいですが・・・

自動車176閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/5/23 20:39

そうかもしれないですね。少しはしゃぎすぎたかな?

その他の回答(7件)

1

夫婦2人、または子供を含めて3人家族でも、年に数回ジジババや友人家族と6〜7名で遠出する時の為に7名乗りワゴン車を買う。 普段は雪など殆ど降らない地域に住んでるけど、ひと冬に2、3度スキーに行くから大きな4WDのSUVを買う。 全ての性能を求める人が多いのが日本人です。年に数回の機会しか無いのなら、その時だけレンタカー借りる方が安いのに、毎日運転する市街地ではあまり上手ではない奥さんが駅の送迎やスーパーの買物に大きな車体の運転に四苦八苦。それを補おうと車の四周を見渡すモニターカメラやセンサーをオプションでつける。 金銭的には全く合理的ではないけど、それでも満足出来るし、楽しい。 昔から、そういう車選びが主流でした。実際には日本の自家用車オーナーの大半は1日の走行距離が100キロ以内と言われるから、本当はこの軽自動車EVの航続距離で十分なはずだけど「長距離はどうする」が頭から離れない。3人家族で7名乗りワゴンを、年に数回のスキーの為に重く高価な4WDのSUV買うのと同じ心理。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/5/23 20:41

一人暮らしでアルベル乗ってる友人を思い出しました。 なんでも賄えるようにしたそうな。

1

思った以上に高くはないですが約200万(補助金入れて) 東京都は150万円 買い物や近距離通勤専用なのでそうは変わらない。 これが中国の様に50万円だったら、飛びつく人がいるでしょう。 充電は、、中国は2階のアパートからコードをぶら下げて充電していました。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/5/23 20:40

中国ってすげぇなぁ・・・

1

充電をして経済的に車を動かそうとしたら「自宅充電」が不可欠です。 例えば、10年以上前・正確には2015年以前で、三菱Iミーブを購入した人は、無料充電器が使えた時期でして、この時に飛びついた人は、時代を先んじていた人・・・ともいえますが、アパートに住んでいても「無料充電器」の恩恵がありました。 2015年は「充電器有料化元年」の年でして、今にいたりますし、今度の秋には、また、価格改定の波が来るようですな。自宅に帰ったら「最安値のエネルギ補給所」「最安値のスタンド」があるみたいなものですから、外充電が流行る道理はありません。

1人がナイス!しています

もっとも、100に一台ぐらいは「無料充電器」があったりしますから、帰り際に、スーパーに買い物に行って(買い物最中に)15分充電し、そうしたら5~7kmぐらい走行できて・・・といった人も中にはいるでしょうが(できたらラッキー程度の)極限られた使い方でしょう。 太陽光から直接充電するとか、上手く使えば、ガソリン代いらずの生活にはなるでしょうが、これからでしょう。

1

> 一般的にアパート住まいや古い一戸建ては、充電はどこでやるのですか? 200万円オーバーの車を近場用のセカンドカーで購入できる人向けの車両なので、充電設備は自由になる人が買っていると考えた方が良いです。 最高で160km位の航続距離なので遠出には使えないし、冷房や暖房が必要な時期だとさらに短い距離しか走れないので、充電設備の心配をするような人は買わない方が良いと思います。 ※有料充電器は単価が高いし20kwh位だと急速充電の効率が悪いですしね・・・

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/5/23 20:35

あれ?なんだかいまいちな性能ですね。 もっと期待してたのですが、これから競争かしら?

1

EVの軽自動車の記事を見たのですが、これが登場したら自動車業界は大きく変わりますか? 変わらない

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/5/23 20:30

そうですかい。 価格競争起きてほしいのですがね・・・