トマトの栽培方法

家庭菜園77閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

はい、プランター予定なのでセットになっている野菜を育てる土用?を買って来ました。 プランターと地植えでは違うのですね! 肥料なしで始めようと思います。勉強になりました。 教えて下さってありがとうございます。

その他の回答(2件)

1

過保護に育てず実が付くのを確認してから追肥を与える。 [知恵袋の質問] 「成りぐせ」とはなんですか:yab********さん:2016/6/9 20:15 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10160293995 [回答] 私は次のように理解しています。 ホームセンターなどで、 ①小さな苗を買い、 ②大切に育て、元肥をやり、 ③早く大きくなれと追肥をやり ④茎葉ばかりが成長し、実がならない。 これが木ボケです。 これ(木ボケ)を防ぐには ①トマト、ナスなどは花の咲いているのを買う。 ②追肥は実がなってから行う。 「成りぐせを付ける」と理解しています。 http://atomato.net/tomato-dictionary/index3_5.html 成りぐせ(癖)(なりぐせ)栽培用語 トマトやナスで最初につく1番花の実をつけるようにすると、その後の樹の成長バランスが整い着果しやすくなる。実をつけさせないと草勢が強くなり、樹だけが成長する方向に向かう。

1人がナイス!しています

1

トマトは生育期間が長いので、溝施肥がお薦めなのですが、これ以外では育たないと言うことはないので、どちらが正しいとかはないと思います。元肥は必要ですし、追肥も状況に応じて必要です。トマトの状況を見て、トマトの力を信じて、臨機応変に対応しましょう。

1人がナイス!しています