私の通っている整骨院ではインナーマッスル光療法といって、凝っている患部にペンライトのようなもので光を数秒当てて、これで奥の方にある筋肉(インナーマッスル)のコリがほぐれる。と言ってますが、私には???

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

おっしゃる通り、仙台の整骨院です。 初日に貴方の症状を改善するには最低10回は通院の必要があります、と言われて回数券を買わされました。3回目には更に別途マッサージの回数券も買わされました。 もう7回ほど通院してますが施術の効果は実感出来ません。 忠告で目が覚めました、通院を辞めます。

お礼日時:6/1 4:11

その他の回答(5件)

1

商標登録は、効果を保証するものではありません。 名前の権利だけです。 なので、効果があるかどうかは別です。 特に、医療機器の場合は、厚労省の審査があるでしょう。 医療機器として、厚労省が承認して、健康保険の対象ですか。

1人がナイス!しています

2

悪徳整骨院でよくある優良誤認(景品表示法第5条第1項違反)というやつです。 稀に景品表示法第5条第1項違反で景品表示法第7条2項(不実証広告規制)により都道府県や消費者庁から措置命令を喰らう整骨院もいます。 https://blog.fides-cd.co.jp/article/471740760.html 景品表示法違反の情報提供を消費者庁がやってるので、その整骨院に措置命令を出させることもできるかもしれませんけど() https://www.kokusen.go.jp/t_box/data/t_box-faq_qa2018_07.html

画像

2人がナイス!しています

3

整骨院お得意の詐欺商法で間違いないとおもわれます。何らエビデンス等まったく有りませんし、商標登録取得と言っても、効果を証明しているわけではないので関係ありません。 それ以前の問題として、インナーマッスルと言う単語が出た時点で、その整骨院は不正業者と断定していいかと思います。そもそもの話、整骨院は新鮮外傷以外を扱うのは無免許行為になりますので違法です。で、どの部分のインナーマッスルか分かりませんが、本当にそれが解れたら、症状が取れるのか?まったく不明ですし。適当に目新しい機械で客引効果を狙っているだけのことかと。 とうせ保険も使えませんし。

3人がナイス!しています

1

この[療法]と謳っている機械は柔道整復師が開発した様です 当然、【医療機器】ではありません 医療機関での検索をしても、全然出てきません つまり医療機関では効果は期待できないので使ってはいないと言う事です 光療法と言って近赤外線を使えば光が散乱しにくいので奥の方まで届くと言う意味でインナーマッスルとして使っているのでしょう 簡単に言えば温めて血行を促すから治りが早いと言う事でしょうが、それが即効、劇的に効果がある事もなく、医療機関で使える様な高出力は出せないと思われます 疑問を思われるなら使わない、怪我以外では行かない事で良いと思います 整形外科に行けば済む事です

1人がナイス!しています

2

よく調べんていないので確かな事ではありませんが「商標登録取得」ですよね。 それだけだと名称だけの登録ですが「実用新案登録」の取得はされているのでしょうか。 医療機器としての登録がされていないとしたら、問題になると思いますが。

2人がナイス!しています