塾の算数で、「昼が夜より一時間長い日の夜の長さは□時間です」 という問題で、子供は24÷2-1として11時間と書いたのですが間違いでした。 が、私もこの答えと解説ができません。

算数79閲覧

ベストアンサー

0
ID非公開

2022/5/24 16:28

ID非公開

2022/5/24 16:31

問題が「1時間」と書いてあるから、そのまま計算してしまう(^^ゞ 数直線を書けばわかりやすいと思いますよ。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

なるほど!これは分かります! ありがとうございます!\(^^)/

お礼日時:5/24 16:35

その他の回答(4件)

0

間違えた方法は 指を曲げて数える方法と同じなのですが 指を10本立てます(両手拡げた状態 ここから5本指を曲げます(片手がグーの状態 これは5:5になります さらに1本指を曲げた時(問題みたいな10÷2-1の場合) これは 曲げた数が6本で 立った指が4本なので 6:4となり 差が2となってしまっています なので質問にある計算方法は間違っているとわかります

数字を増やしても同様 時計のような12で区切った円で 6:6から1増やすと片方が1減るので 7:5⇒差が2 差が1になるのは 6.5:5.5 24でも 12:12 13:11⇒差が2 12.5:11.5⇒差が1

0

昼と夜の時間が同じ時と比べます。 前後に1時間の差がつくので、昼と夜の時間が同じ日に比べて、 昼が30分長くなり、その分、夜が30分短くなったのです。 だから差が1時間になるので、昼と夜が同じ日の夜の長さは 12時間で、それより30分短くなるので、11.5時間です。