動画編集の1つ これの名前を教えてください。 動画の一部を切り抜くことを何と言いますか?

画像処理、制作 | 動画、映像32閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

質問にしっかりと答えていただき,ありがとうございました!

お礼日時:5/25 17:15

その他の回答(1件)

1

これは多分Premiere Proに限ったことではなく、素人用編集用語として標準化されているようですね。 クリップの前後をカットして尺調整することを「トリミング」と言ってます。解説書を見てもトリミングで解説していますね。 そして、画像表示の一部を使うことは「クロップ」と言ってますね。 ですから、それが正解ですと言うしかありません。 でも、本当は『それ、違います』と映像業界では答えるでしょう。 本来のトリミングとは画像の一部分を使うことで、拡大しながらフレーミングをし直すことを言います。写真の場合は100%これですね、クロップとは言いません。 つまり写真と動画で使い方が全く異なるので困惑するんですね。 そして、Premiere Proの「クロップ」という機能ですが、不要な部分を黒くマスキングして覆い隠すだけの機能で、本来のトリミングのように拡大を伴って一部分をフレームいっぱいに映し出す機能ではないのです。 プロの編集現場では、このような言葉は絶対に使いません。 なぜなら、タイムラインに並べたクリップを再調整する際に、「2カット目の頭5フレカットして」「3カット目のケツ1秒伸ばしで」などと指示をするからです。”カット”も”伸ばし”もクロップを使っては表現など出来ません。 「短くクロップして」「長くクロップして」こんなまどろっこしい言い方では通用しません。切って、伸ばして、のほうが的確なのです。 つまり、トリミングとは、このような「切ったり、伸ばしたり」の作業全般のことを言い表す解説書用語なのです。 おなじく、「クロップ」にしても同じことが言えます。 プロの編集現場での指示なら「トリミング」という言葉を使った場合は、画像の一部を拡大してフレーミングし直す場合に使います。 それに対して、画像の不要な部分を隠すだけでフレームいっぱいに拡大しない場合は「マスク掛け」や逆に「クロップ」という言葉を使います。 まあ、屁理屈のように聞こえてしまうかもしれませんが、プロの現場ではわかりやすく伝わりやすい用語が使われます。Adobe用語など関係ないのです。 だって、本編集でPremier Proなど使うことはありません。よほどローバジェットのプロジェクトでない限り。

1人がナイス!しています

私の質問に該当する部分は「クロップです」の部分だけということですね。 Adobe用語かどうかということではなく,素人がどうだこうだとか,さらにプロが何を使うかとかということは本当にどうでもよくて,私がその編集をPremireProでやりたいので「AdobePremireProで用いられている名称を教えていただけると幸いです。」と聞いたまでです。