第二次大戦時の日本兵は民間人に対し略奪やレ○プが起こったそうですがアメリカ兵やドイツ兵、中国兵とかも日本兵と同じく民間人に対する略奪などはありましたか?

世界史 | ミリタリー1,196閲覧

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます

お礼日時:6/19 19:28

その他の回答(8件)

1

日本軍はそんなことは行いませんでした。中には個人的に犯罪を犯す者もおりましたが、それは平時も変わりませんし、犯罪を犯したら大変厳しい処罰を与えられました。 アメリカ軍は戦争に参加してない女子供を大量に殺戮しました。 空襲や原爆によって。 それから、アラモや、真珠湾や、トンキン湾や、9.11などで自国の人間を他の民族に殺させ、戦争に持ち込んでいます。 チャイナはもっと凄いです。同じ漢民族を何千万人も虐殺しているところです。ですので、他民族なんて人とも思っていないでしょう。

1人がナイス!しています

0

戦争被害者の人権問題にかかわることなので, お話しすることはできません.

4

日本は慰安婦制度のおかげで比較的レイプなどは行わない軍隊でした まず、アメリカ兵やドイツ兵はレイプとまでいかない物の現地でそこらじゅうの婦女子に手を出すことが多かったようです、まぁ比較的まともな兵が送られると言う在日米軍でも不祥事が起こることはしょっちゅうなので戦時に相手が同盟国でなければどうなるか・・・ 中国兵は国民党軍とかは現地人に対して略奪暴行当たり前、そのおかげで共産党が住民の協力で大きくなりました・・・でも所詮は同じ穴の狢で共産党が有利になると現地住民を暴力で支配して今に至ります

4人がナイス!しています

1

日本兵は比較的レイプは行っていない軍隊でしたよ。わざわざ内地や朝鮮から慰安婦を募集し、海外の駐屯地の近くに慰安所を設け、入り口に番兵までつけていましたので。 軍隊は二十歳代前半の若者が多いし、特に死を間近にすると本能的に性欲が昂進するので、ほっとけば現地住民とイザコザを起こす可能性がある。だから日本軍は休暇の日には外出する兵士にサック(コンドーム 性病予防を兼ねる)を支給していたぐらいです。 なお花代(売春料)は兵士の階級ごとに違っており、二等兵は今の価値で言うと何百円ぐらいでショートが買えた。泊まりだとこの何倍かになる。兵士は自分の故郷出身者がいると大喜びで、朝まで寝ずに語り明かすことも多かった。 中国戦線での日本軍戦死者はほとんど遺体が見つかっていないが、その数は50万から70万人と推定されている。

1人がナイス!しています

中国軍の捕虜になるとほとんど殺されていた。そこで東條内閣が出したのが戦陣訓の「生きて虜囚の辱めを受けるな」です。動けなくなったら、捕虜になる前に自決しろというアドバイスです。

1

米軍兵士は欧州方面のフランスで婦女子に対して犯罪行為を繰り返しておりフランスの市長が米軍司令官に対して「ドイツ軍に占領されて居た時の方が治安が良かった!」と抗議して居ます。英国や豪州でも婦女子に対して犯罪行為を頻発させて居ました。米軍とソ連軍は従軍慰安婦制度を作って居なかったので進駐した先で問題を頻発させて居ました。日本に進駐した米軍兵士の犯罪も頻発した事から日本政府は慰安施設を設けて居ました。

1人がナイス!しています