オイルクーラーを後付する人がいますが そもそも後付でオイルクーラーなんて必要なんでしょうか?

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

その他の回答(17件)

1

ZX-10Rを乗り継いできましたが2021年モデルでようやくオイルクーラーが標準化されました。 ずっと同じエンジン、同じパワーできてたのにですよ。 言うなればメーカー純正の後付けオイルクーラーです。 必要な理由があったんでしょうね。

1人がナイス!しています

1

油膜確保ですね ボアアップには必需品です オイルポンプの能力が低いので 付けていたら 冷却で油の量を減らせます オイルのせん断防止に成るので付けた方が良いのです せん断とはオイルの性能が落ちて油膜が減る現象です エンジン保護では必需品です それとメーカーの基準は根拠ありません 元から壊れる構造を作ってるメーカ―も有りますので テストとは表向きで裏では壊れる構造で作らないと 売れないから メーカー規格、 冷却水15万キロ交換・・・・200%壊れますから 余裕が有れば試してください エンジン載せ替えレベルの変形しますよ

1人がナイス!しています

1

バイクに必要だから要るんではなく、 俺が欲しいから要る、 改造パーツってそういうもんだと思う。 性能云々デザイン云々という話なら ノーマルのままが一番良いからね。

1人がナイス!しています

0

近年のバイクなぞメカ、性能的には全く無用です。 単なるカスタム、見栄えでの事です。 それだけ年間の四季、交通状況等考慮し設計~製造~テストして出して居ます。 ただ、1970年代でクルマ、バイクに乗っていた方がここにどれだけいるか不明ですが、当時は気温、湿度、交通事情も全く違いました。 気温30度超えなぞまずなく、建物も高層建築物も少なく、アスファルトも深夜迄地熱が下がらない様な時代でもありませんでした。 当時モノの旧車空冷大排気量車では現代では通用しませんので、オイルクーラーは夏場は必要です。当時はオプション設定でした(Z2) 80年代の900Rとて今ではかなり高温になりファンは廻りっぱなしです。