投資信託を金融機関から勧められているのですが、始めるメリットはありますか?

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

もう少し知恵を蓄えてから始めたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:7/6 22:04

その他の回答(6件)

0

長期の積み立てなら、今始めても問題ありません。 ただし、銘柄選びが重要です。 下記サイトの人気の銘柄(購入手数料は無料)なら、投資しても問題ありません。 金融機関が薦める銘柄は、購入手数料が高く、信託報酬も高いので、お勧めできない。 https://news.yahoo.co.jp/articles/c4e1bb0b2d69c218fa16457e7562140fb8638aa6/images/000

1

資産運用するメリットはありますが、銀行や対面証券で投資信託を買うと、最大3.3%の購入時手数料を取られるのと、信託報酬(毎年の運用手数料)の高いアクティブファンドを勧められます。 投資信託を買うなら、SBI証券や楽天証券などのネット証券なら、購入時手数料無料(ノーロード)で、信託報酬の安いインデックスファンドを買う方がお勧めです。 お勧め商品 https://youtu.be/SVDjU9kuP4Y

1人がナイス!しています

2

金融機関側からの勧めは無視でいいです。 質問者様が投資の必要性を強く感じた時にだけ、ご自身にとって最適な窓口でご自身にとって最適な商品を買えばいいのです。 向こう主動で事を進める必要はありません。

2人がナイス!しています

0

詳しくは ありませんが 長期での投資ならば 預金するより 利益があると思います。

0

投資信託のメリットでしょうか。 それとも銀行でする場合のメリットでしょうか。 投資信託は負けて財産を減らしてしまう危険性もありますのでよいかわるいかは個人の判断ですね。 損をしてよかったと言う人はいないし儲かればよかったと思うだけです。 銀行でやる場合は対面である意味お任せで手続きしてもらえて便利で都合がいいし、お金のやり取りも銀行口座で直接できるので簡単で便利です。 悪いと言われる点は、ネット証券では多くが購入手数料は無料ですが銀行では積立NISA以外は購入手数料がかかる場合が多いです。 また扱っている銘柄が信託報酬が高くもうかりづらい銘柄が多いと見られています。 積立NISA(投資信託の中で非課税制度を使って買う場合)に限定して言えば、ネット証券と比べても扱っている銘柄の違いしかないですから、そこによい銘柄(そこそこの銘柄)を置いてあれば、その銀行ですれば上のようなメリットがあるだけ都合がよく良いと思います。 良い銘柄がなければ、お勧めはできません。 たとえば下記のような銀行の銘柄なら良いと思えます。 ゆうちょ つみたて先進国株式(三菱UFJ国際投信株式会社) 信託報酬0.22% みずほ 野村つみたて外国株投信 信託報酬0.209% りそな Smart-i 先進国株式インデックス (りそなアセットマネジメント株式会社) 信託報酬0.22% 三菱UFJ iFree S&P500インデックス(大和投資信託) 信託報酬 0.2475% 三井住友 SMBC・DCインデックスファンド(S&P500) 信託報酬:年0.0968% (2022 年1月より販売) SMBC・DCインデックスファンド(MSCIコクサイ)」 信託報酬:0.1023% (2022 年1月より販売) 大光銀行 ニッセイ外国株式インデックスファンド 信託報酬 0.10230%