経済成長のしくみがよく分からないのですが、どこかのタイミングで国がお金を刷ってるんですか?

ベストアンサー

0
画像

その他の回答(2件)

0

政府が予算組む、1億円(例えば道路を作る) 国債発行、1億円 銀行が国債買う、1億円 業者に発注、1億円の仕事 完成したので政府は政府小切手で支払い、1億円 業者は小切手を銀行で預金に交換、1億円がこの時新たにこの世に生まれる 銀行は小切手を日銀に渡し日銀当座預金と交換、1億円 銀行はその1億円で再度国債を買える 日銀が受け取った小切手は政府への債券、政府に貸しがある状態。 しかし日銀と政府は統合政府なので貸し借りは相殺される このような形でお金が増えていき経済成長が起こります。 しかし今政府は緊縮財政なのでこれをやらない。やっても少し。なので日本は成長できない、GDPが増えないのです。 もちろん民間企業が銀行から借りて投資すれば同じようにお金は増えますが、景気悪い時にわざわざ投資する企業は稀。

1

>どこかのタイミングで国がお金を刷ってるんですか? =>日本銀行がおカネを刷っています。が、刷ったおカネをタダで配るわけにいかないので、市中にある資産と交換することで、流通させる運用です。日本銀行が、刷ったおカネと交換する市中の資産は、民間銀行が保有する国債が主です。日本銀行の買いオペと言います。 日本銀行は、買いオペした国債の代金を、民間銀行の日銀当座預金口座に支払います。このおカネは、じつは、市中のおカネのネットワークとは、別のネットワークでしか利用できません。民間銀行が、このおカネを使う場合は、紙幣として引出して、物理的に、市中のおカネのネットワークに移すことになります。 ただ、民間銀行は、物理的におカネをおろしても、融資する先がなければ、意味がないので、基本、融資先がなければ、おカネをおろしません。 どのタイミングで、おカネを刷っているかというと、 日本銀行が、日銀当座預金に、おカネを増やせば、刷ったことと同等です。日本銀行は、国債と交換して、日銀当座預金におカネを増やすので、国債を買った時が、おカネを刷った時と言えます。 が、そのおカネは、日銀当座預金に溜まるだけで、市中には流れません。現在、日本銀行の異次元量的緩和で、日銀当座預金には、500兆円以上のおカネが貯まっています。このおカネが増えても、市中の経済主体には、おカネが流れないので、景気はなかなか活性化しない状況でした。 >経済成長のしくみ =>市中におカネが流れるには、民間銀行が、企業や家計におカネを融資しないと、流れません。 おカネを融資するとは、民間銀行が、借主の返済能力(生産能力)を査定して、担保をとるなどして、おカネを貸すことです。この民間銀行が、おカネを貸すことで、おカネが、ゼロから生まれます。これを、民間銀行のMoney Creationと言います。 日本の市中にあるおカネは、7%が日本銀行が刷ったおカネ(紙幣)で、93%が民間銀行が市中の経済主体に貸しているおカネ(預金通貨)です。 市中のおカネは、預金通貨が増えることで、増えていく仕組みとなっています。 預金通貨は、その裏で、おカネを借りている経済主体の生産能力と紐づいています。おカネを借りている企業や家計は、ある一定期間の間、生産活動を行い、元金と利息分の生産をします。この利息分の生産量を増やすことが、生産量の増加、つまりは、GDPの増加、経済成長につながります。 日本経済の場合は、預金通貨(マネーストックM2)が、毎年、35兆円、増加することで、安定しています。 が、1998年以降、企業や家計の民間の経済活動では、マネーが適正に増加しないため、政府が、毎年、35兆円、M2が増加するように、コントロールしています。 日本経済の場合、家計が所得の20~30%を消費せずに、貯蓄に回す傾向があり、家計が消費しない分を、他の経済主体が消費を穴埋めしないと、GDPが前年比でマイナスになります。 政府は、GDPが前年比でマイナスにならないように、補正予算を組み、GDPを毎年、補填しています。政府は、補填分を、赤字国債などで確保しますが、政府が負債で穴埋めしても、経済成長につながりません。 民間の場合は、利息分、生産量を増やすというインセンティブがあり、それが、経済成長につながりますが、 政府の場合は、利息分、生産量を増やすというインセンティブがなく、政府が穴埋めしても、経済成長につながらないです。

1人がナイス!しています