ID非公開

2022/6/23 3:45

33回答

【至急お願いします】

補足

自己診断ですが顔タイプはフレッシュでしたm(*_ _)m

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

1

洋服と違い、紋様で大きな面積いろいろな色が入る着物は、パーソナルカラーとは違う色が似合うということもあります。 それに何事につけ、例えばブルべは~な色が◎。・・・とか ファッションは、いろいろな要素が絡み合って、定義づけは例外が多いと思います。 質問者様の具体的な容姿・体型・雰囲気が合わないので、具体的な回答は出来ませんが、奇抜な色よりくすみ系の明るめの色を選びたいというご自身の感性を信じて、まずは実店舗に行って実際に素敵だと思えるものを手に取ってみてください。 すぐにご試着を勧められても、似たものや違う印象のものな度、数点を肩にかけパーソナルカラーのように顔映りを確認します。 似合う振袖はお顔が明るく綺麗な色に見えます。 その中から数点、出来るだけきれいに試着していただき、鏡から離れて全体のバランスを見ながら、いつもよりスタイルが良く見えるような色柄を選ぶといいと思います。 帯や小物は、付けた時に付けない時より振袖の色柄や質問者様自身がいっそうきれいに見えるかどうかが重要だということを意識してみてください。 和服は洋服に慣れた感覚だと、色柄のイメージやコーデの感覚が違います。 和服に慣れていなくても実際に見ると女性は、意外と感覚で良し悪しがわかるものです。 机上の空論では、本当のところはわかりません。 まずはトライしてみてください。

1人がナイス!しています

4

着物は色だけではわかりません。実際に羽織ってみた方が良いと思います

4人がナイス!しています