回答受付が終了しました

インボイス制度について。 免税事業者(個人事業主)が登録するのが面倒だから、登録せずに免税事業者のままでいる選択をし、代わりに請求の際に消費税を請求しないってのは有りですか?

税金 | 会計、経理、財務1,382閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

回答(9件)

1

ウチも悩んでます。 インボイス制度を理解した頃は、課税事業者になって消費税を払おうかな。と考えていましたが、事務的な手間やウチから先の取引先が免税事業者なら更に計算など面倒になるなと考えて、最終、質問者さんと同じ様な考えになりました。 ①消費税を貰わない ②向こう6年の経過措置期間80%-50%の間、消費税の50%の程の値下げで様子見で免税事業者のままでいたい。と、取引先に話してみる。など考えてみました。 色々考えると、この制度が影響する人としない人がいたり、後々になってから響いて来る人など出てくる制度ですね。 でもキチンとしておく事が長い目で見て1番良いのかな。あー悩む。

1人がナイス!しています

1

請求はしなくても問題ありませんが、請求しなかったからといって消費税を免れはしません。つまり請求せずもらわなかった人の分も払うだけです。

1人がナイス!しています

0

今まで一万の請求していたものを大雑把に言えば9000円にするならね。 簡易課税で申告しているところなら特に喜ぶでしょう。 ただそんなことする意味ある? 課税事業者になり今まで通り1万で請求し仕入れ控除した上消費税納税した方が得なのに?

0

取引先にとって支払額が仕入れ税額控除が出来ない分の値下げになっていれば 有りでしょうね。

1

あなたの仕事の相手(とくにあなたに入金をする立場の人)によるのです。 例えば 一般の人にがりがり君を売る仕事の場合 相手が領収書をもらって経費にする可能性がほぼ無いので「影響なし」 決まった卸業者にあなたが制作した革製品を売る場合 相手が領収書をもらって経費にする可能性が高いので「影響あり」 さらに「影響あり」の場合 あなたが大人気の作家さんでいつも順番待ち こういう場合は相手は気にしないので「影響小」 あなたが誰でも出来る中のただの一人である場合 こういう場合はコストの安い方から選ぶので「影響大」 この2つの見方で判別すればいいと思う。

1人がナイス!しています