ID非公開

2022/6/24 5:29

55回答

二級建築士試験範囲内での質問です。

画像

建築 | 資格97閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさん、とてもわかりやすい解説をありがとうございました。腑に落ちました。1番はじめに回答をくださったヒロさんをベストアンサーとさせていただきます。

お礼日時:6/26 13:11

その他の回答(4件)

1

24時間たてば墨出しを行うことができる、という認識は違うと思います。 コンクリート打設後は時間の経過とともに硬化が進んでいきますよね? その硬化曲線上で、「人程度の荷重が乗ってもおおよそこの先の強度発現に影響はないだろうという時間」が24時間くらい、ということです。 2級建築士の問題なので、こんな感じの理解の方が都合がよいかな、と思います。

1人がナイス!しています

1

JASS5の記述は間違いでは無いですが部材の厚みが18㎝以上の場合は所定の強度を確認できれば湿潤養生を打ち切ることが出来ます。 JASS5と併せて建築工事標準仕様書でも1日(24時間)は歩行又は作業をしないと言う記述がありますね。

1人がナイス!しています

1

肢5は養生のことで、湿潤養生やシート養生を行う期間を言っていて、上を歩いてはいけないということではありません。 肢3は表面が硬化するまでは表面を傷めないための配慮です。少なくとも24時間経過するまでは表面を保護しておくこととしています。

1人がナイス!しています