ID非公開

2022/6/25 18:27

33回答

福島第一原発事故で、メルトダウンが比較的遅れた2号機からの放射性物質放出量が多いのは何故ですか?

原子力災害 | 原子力43閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

https://www.tokyo-np.co.jp/article/87052 を見ればわかるとおり、2号機は核燃料のメルトダウンの度合いは1号機や3号機よりも低かったので、2号機からの放射性物質が一番放出されたという事はあり得ないと思いますよ。 尚、MOX燃料を燃焼するプルサーマ運転を行っていた3号機は https://dot.asahi.com/wa/2020030600008.html?page=1 https://news.yahoo.co.jp/byline/iizukamakiko/20190311-00117797 https://www.asahi.com/articles/photo/AS20181117002298.html を見てもらえばわかるとおり、3/14に核燃料プール内で即発臨界が起きて3/20~21にかけて再臨界が起きた可能性が否定出来ないので、1~3号機の中で一番放射性物質を放出した疑いがあるのではないでしょうか。

それと、事故当時定期点検中だった4号機の爆発については未だに謎に包まれていると思っていますが、私は使用済み核燃料や新品の核燃料が大量に入っていたリラッキング済みの核燃料プールで大変不都合な事が起きたけれど、たまたま大変幸運な事が起きて「最悪のシナリオ」を回避出来たのではないかと推測しています。 私のこちらの推測の元になった情報は http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103150529.html http://www.asahi.com/special/10005/TKY201106200373.html https://www.asahi.com/articles/ASP3Q5SJKP3QUTIL044.html ですので、どうか見てください。

2

原子炉内の空気を抜くベントができず、圧力を下げられなかったので、格納容器が損傷したためです。

2人がナイス!しています