ID非公開

2022/6/26 16:17

55回答

デザイナーにマックユーザーが多いのはなぜでしょうか?

ベストアンサー

0
ID非公開

質問者2022/6/26 22:48

ですよね。 Webデザインすごく興味があります。 Webデザインって、デザインまでで、コードだったりとかは他社に任せるのでしょうか? 質問の趣旨がズレてしまいすみません…

ThanksImg質問者からのお礼コメント

とても参考になりました。 結果、Windowsの方が今は多いことがわかりました。

お礼日時:6/26 23:17

その他の回答(4件)

0

デザイナーといっても、さまざまなデザイナーがあります。 WEB系といわれる分野でのデザイナー、つまりWEBデザイナーは、Macが多いです。しかし、WEBデザイナーで行うことは、同等のことがWindowsでも可能です。このため、会社で貸与されるPCは、割合でいえば Win > Mac です。理由は、MS OfficeがMacでは使いにくいからです。 グラフィック関連(絵、動画)のデザイナーは、会社で貸与されるPCはWindowsが断然多いです。マシンスペックが要求されるため、拡張性の高い、安価なWindows PCが選ばれるからです。 会社では、実際にはWindowsが圧倒的に多いです。Macでなければならないような、特別な技能をもつ方でないと、Macを使わせてくれません。たとえば、作曲家であったり、すでに業界で名の通るデザイナー(絵、動画)であったりと。こういう方々は独立している(会社に所属していない、会社経営をしている)場合が多いでしょうけど。 もともと会社ではWindows、プライベートでMacだったという方もいると思います。独立した際にはプライベートが仕事用PCとなります。こういった経緯で「デザイナーにマックユーザーが多い」ように見えるかもしれません。

0

年寄りなら、使い慣れててもう今更、変えなくてええわって人でしょう。 あと、デバイスをApple製品で揃えると、ちょっと便利機能がありますが、 パソコン初めての人が、わざわざAppleを選ぶ理由になる程でもありません。 今、Mac使ってる人でもおそらくは、 これからデザインを勉強したい人に「WindowsかMacか」聞かれたら、 Windowsを薦めると思いますよ。 わざわざ苦労しなくてもいいわけですから。

0

ビジネスと産業の世界は基本的にWindows。そこに関わるデザイナーもWindowsです。 Macうんぬんだったのは30年くらい前の話。今でも両方使っている方もいますが、全体としてマックが多いと言える状況ではありません。

2

20年以上前は印刷業界は画面と実際の印刷で出力される色合いに差異が無かった為にMacばかりだった。 ソフトウェア資産やその他の絡みから、その当時の名残でマックユーザーが多いだけです。

2人がナイス!しています