道路交通法で四輪自動車を運転するときは運転者は シートベルトの着用が義務つけられていますが そのシートベルトの着用が 義務づけられるようになった最初のきっかけは何でしょうか?

運転免許 | 運転免許71閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

納得のゆく回答ありがとうございます。

お礼日時:6/30 23:09

その他の回答(1件)

0

日本に於いてのシートベルト着用の義務化は特に重大事故などの「きっかけ」というものがあったわけではないようです。 徐々に安全性の追求が行われていく過程でゆっくりと(結構時間をかけて)現在の様に全席の着用義務になって行きました。 また、シートベルトの(車両への)「設置義務」と「着用義務」とが別々(車両への「設置義務」が設けられたがその着用の義務はなく、その後に「着用義務」が設けられた、という経緯は非常に興味深い)になっていたりすることも、何か安全性に対して非常に消極的な姿勢が見え隠れしています。 [以下下記リンク先のコピペになります。] シートベルトが開発されたきっかけとして、1899年にイギリスのロンドンで、自動車事故により乗員2人が外に放り出され死亡したことがきっかけとなったといわれています。 日本では1969年にすべての新車に必ず運転席にシートベルトを取り付ける法律が発令されました。 1971年には高速自動車道・自動車専用道を走行するときは、運転席のシートベルトの着用が義務である法律が発令されましたが、一般道でのシートベルトの着用の義務はありませんでした。 後の、1984年には一般道でもシートベルトの着用の義務、着用しなかった場合の免許減点の罰則の法律が検討されました。 1985年には高速自動車道・自動車専用道で運転手はシートベルトを着用していなかったら免許の点数が減点1という法律ができました。 1987年には一般道で運転席と助手席同乗者が、高速道路で助手席同乗者がシートベルトを着用していなかったら免許の点数が減点1という法律ができました。 2005年には乗用車の運転席でシートベルトを閉めずに走り出すと警告音をだすように義務づけました。 2008年には、シートベルト着用の義務化がなされましたが、後部座席、妊婦を除いてのシートベルト着用の義務化でした。 このような経路をたどって今ではシートベルト着用は当たり前のこととなっています。 https://www.hai-sya.com/column/seatbelt_univ013.html さらに詳細に知りたい場合は下記をご参照ください。 シートベルトWikipedia~シートベルトの歴史 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88#%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2 シートベルトWikipedia~日本における状況 *シートベルト関係法令年表 ・1966年(昭和41年)3月1日 : JISに自動車用安全ベルト(シートベルト)の規格が制定。 ・1969年(昭和44年)4月1日 : 運転席にシートベルトの設置義務付け。 ・1971年(昭和46年)6月2日 : 高速自動車道・自動車専用道でのシートベルト着用の努力義務(罰則なし)。 ・1973年(昭和48年)12月1日 : 助手席にシートベルト設置義務付け。 ・1975年(昭和50年)4月1日 : 後部座席にシートベルトの設置義務付け。 ・1983年(昭和58年)3月1日 : JISに自動車用幼児拘束装置(チャイルドシート)の規格が制定。 ・1985年(昭和60年)9月1日 : 高速自動車道・自動車専用道での運転席・助手席でのシートベルト着用義務化(罰則あり)。 ・1987年(昭和62年)3月1日 : 運転席・助手席にELRシートベルトの設置を義務付け。 ・1992年(平成4年)11月1日 : 一般道での運転席・助手席でのシートベルト着用義務化(罰則あり)。 ・1994年(平成6年)4月1日 : 座席ベルト非装着時警報装置(初期警報)の設置を義務付け ・1994年(平成6年)4月1日 : 後部側面座席に3点式シートベルトの設置義務化。 ・2000年(平成12年)4月1日 : 6歳未満の幼児の乗車についてチャイルドシート使用義務化(罰則あり)。 ・2005年(平成17年)9月1日 : 再警報装置(シートベルト・リマインダー)の設置を義務付け。 ・2008年(平成20年)6月1日 : 全座席のシートベルト着用義務化(高速道路・自動車専用道のみ罰則あり)。 ・2012年(平成24年)7月1日 : 後部中央座席に3点式シートベルトの設置義務化。 ・2012年(平成24年)7月1日 : ISOFIX対応チャイルドシート取付具の設置を義務付け。 ※基本的に国産普通乗用車(定員10人以下)についての規定。詳細は各法令を参照。 ※道路交通法については施行日、保安基準については以降の生産車が対象となる日。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88#%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E7%8A%B6%E6%B3%81